エレキギター弦の種類と特徴

こんにちは、島村楽器イオン長岡店スタッフの竹内です!今日もエレキギターの記事をあげます。

皆さんはエレキギターの弦選びで悩んだ経験などはありますか?エレキギターを始めたばかりの方やこれから始めたい方にとっては種類が多すぎてどれにしていいかわかんなかったり、そもそもなにが違うの??って感じですよね。

そこで今回はエレキギターの弦の種類を紹介します!!

素材、太さ、巻き方

エレキギターの弦を選ぶ際に注目するところは、基本的に弦の素材ゲージ(太さ)巻き方の3つです。

素材

ニッケル:エレキ弦の中だと一番スタンダードというかほとんどがこのニッケル素材です。サウンドは柔らかめで錆びに対してもそれなりに強く、初めてに弦選びの方にオススメです。

同じニッケルでもピュアニッケルといって比率の高い弦もあります。こちらの弦は比較的に落ち着いた音色で、ヴィンテージサウンドなんか求めている方にオススメ。

他にも、

高い耐久力を持つコーティング弦

コーテイング:こちらは金属の弦の上に特殊なコーティングを施し、錆などに対する耐久力ともに長寿命を実現した弦です。フィンガリングノイズが出にくく、運指がしやすいです。

ゲージ(太さ)

素材も大事ですが、一番大事というか自分の演奏に一番?影響が出るのがゲージ(太さ)です。

弦のパックを見ると「ライトゲージ」や「レギュラーゲージ」といった文字が記載されていたり、他のものと見比べると数字の表記が違いますよね?

画像の左側と右上の数字ですがこちらが弦の太さ(Inch規格)になります。それぞれ1弦から6弦までのゲージが表記され、それぞれのゲージ規格の1~6弦をまとめた名称が最初に話した「ライトゲージ」や「レギュラーゲージ」となります。

中には「カスタムゲージ」という名称の弦がありますが、これはメーカーごとに定番ゲージから太さを変え、弦のテンション感や弾き心地などにこだわり独自のバランスで組み合わせた弦になるのでお気に入りのメーカーのもを試してみるのもいいですね。

EXTRA SUPER LIGHT GAUGE 8・10・15・21・30・38
SUPER LIGHT GAUGE 9・11・16・24・32・42
REGULAR LIGHT GAUGE 10・13・17・26・36・46
MEDIUM GAUGE 11・14・18・28・38・49
HEAVY GAUGE 12・16・20・32・42・54

※こちらはダダリオの弦を基準としたものになります。

弦は細いほどを押さえる力が軽くなり押えやすくなりますが、細くなるほどサウンドはぼやけていきますし弦を弾いた際にテンションも低くなるのでビビリ(振動)が発生してしまいます。

ビビらずに太いサウンドが欲しいという方には太い弦をオススメしますが、必然的に押さえる力とチョーキングする時に力が必要で、ネックへの負担も大きいので覚悟しましょう!

巻き方

ラウンドワウンド

ギター弦は中心に「芯線」というワイヤーがあり、芯線を巻くようにニッケル素材などの「巻線」がぐるっと巻かれています。この巻線の断面が丸くざらついた感触なのがラウンドワウンド弦と呼ばれるもので、ほとんどのギターに張られていてスタンダードな弦です。サウンドとしてはサスティーンに優れ、倍音の豊かさが特徴

フラットワウンド

ラウンドワウンドのように巻き線が丸くなく、薄い板状のものが巻かれている弦がフラットワウンド弦。表面はなめらかでツルツルとした感触が特徴。サウンドとしてはサスティーンは少ないですが、フィンガリングがしやすくノイズがが少ないまろやかなサウンドになり、ジャズをする方なんかは好んで使用します。

最後に

ギター弦を選ぶ際は巻き方にいたっては最初はラウンドワウンドで良いと思います。あとはゲージと素材ですが、ゲージも初めのうちは細すぎず、太すぎずのレギュラーゲージかそれより一段階細いライトゲージを使うといいかもしれません。弦は消耗品なので交換時に使ってみたい弦に張り替えて自分のプレイスタイルに合った弦を見つけましょう!

余談ですが、竹内は最近エレキ弦をアーニーボールのスーパースリンキー(ニッケル)からエリクサーのOPTIWEB(コーティング)に替えました笑

以上です。

次回の更新は近藤です。



記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。