【サックスサロン】op.12 今日のレッスン その2

朝晩寒くなってきました



みなさんこんにちは!サックスインストラクターの大竹です。



先日仕事で東京へ出る機会があったのですが、

新潟は朝から寒かったので厚着で出たら新幹線を降りた瞬間

こんな厚着でバカみたい!!と汗だくになり、

帰りは暗くなってから新潟についてこんな薄着でバカみたい!!と凍えました・・・


こうも気温が上がったり下がったりだとリードの塩梅もいまいちで

レジェールに駆け込みたくなってしまいますね!



あと私事ですが新幹線にiPadを忘れて大変なことになっていました・・・!

(無事に戻ってきましたが)みなさんも気を付けてください!(笑)





そういえば、先週の情熱大陸は見ましたか?






サクソフォン奏者、上野耕平さんの特集でしたね!

ご存知の方もいるとは思いますが上野先生はわたしのお師匠さんです。


サロンの生徒さんに、「今度私の先生が特集されるんですよ~」とお話したら、

興味を持って下さり、アルバムを購入されて演奏に感激して、お手紙をくださいました…!


卒業するときに「たくさんの人に音楽の楽しさを伝えなさい」と言われましたが、

少しは実現できているのかな~と嬉しくなりました!上野先生にも感謝です。






今回はレッスンでの出来事です




ある会員さんで、リードが厚くて思うように音が出せない方がいらっしゃり、

いま使っているのがヴァンドレンの青箱21/2、これより薄い物か…

レゼルブは反応もいいし薄めだけど、いちばん低い番号が3だし…と頭を悩ませていたら

ハっ!!と思いついたのがコレ!









レジェ~~~ル~~~~~~~






これなら厚さ割も細かくて本当にあったものを見つけられるし、21/2より薄い数字もある!

案の定、吹いてもらうととてもリラックスしてサックスらしい音がだせるようになりました♪



これから寒くなって雪が降りだして気候の影響でケーンのリードの調子が崩れても、

レジェールなら全く影響を受けませんし、壊さない限り半永久的に使っていけます!





ただし、気を付けなければならないポイント








レジェールはケーンのリードに比べて若干軽めの吹奏感になっているので、

普段使っているケーンの厚さと同じものが必ずしもしっくりくる、とは限りません。

購入の際には必ず今お使いのセッティングで選定をしましょう!





また、特殊樹脂製やプラスチックのリードは年々進化していて、

いまやケーンのリードとほとんど遜色ない音が得られるようになりました。

ですが、(これは学生時代に師匠から言われた受け売りですが)

普段練習するときやスタジオで使う分には遜色なくとも、

大きいキャパシティのホールなんかで演奏するとき、ケーンとその他では

音色のコクが全く違う!そうです。




半永久的に使えるレジェールは吹奏楽部の学生さんなんかにはピッタリですが、

あまり依存しすぎないよう、ケーンのリードでの練習もバランスよく取り入れてみてください♪






お問い合わせ

店舗名 島村楽器イオン長岡店
電話番号 0258-29-6888

当店へのアクセス

店舗へのアクセスはこちらのアクセスマップをご覧下さい。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。