中古ギターメンテナンス日記 その ①

フェンダージャパン ST57-55 ボディ編

長野店 中古ギター担当の山崎です。今回は1984年~1987年製のフェンダージャパン ST57-55を買い取らせて頂きましたので、メンテナンスの様子をごご紹介致します。

さすがに年季を感じさせる風格があります!!

まずは、ホコリや汚れをしっかりキレイにして行きます。ノブを外すとこんな感じ…


ブリッジパーツもメッキが劣化していますね!


ピックガードを外して、中は全部オリジナルパーツのようです。


ピックアップカバーにも大分汚れが!



汚れた画像ばかりですみません。

これからキレイにして行きますので!


ピックアップカバーを拭き拭きして…   ほら!!


ノブのギザギザの中にもかなりの汚れが。


ここはポリッシュと歯ブラシでブラッシング…  どうですか!?


ついでにピックアップセレクタースイッチをバラシて接点のクリーニング!

これで接触不良も無くなるはず!


ピックガード全体をキレイにして、次は…

さて、ブリッジを外してパーツごとに磨きます。


すごいホコリとくすみ!


ホコリと汚れを落としてから研磨剤の入った布でプレートを拭き拭き。  輝いてきた!


サドルもひとつづつキレイに磨き(都合により画像はありません)
くすんだビス頭も磨きをかけると…


ピカー!!


…で

頑張った甲斐があります!

ボディに組み込んで


ボディ全体

別角度からも

ご紹介した他、ジャックやジャックプレート、ストラップピン、ボディ全体のクリーニングもしています。

さてボディ編はこれでおしまいです

こんな感じで日々、中古ギターのメンテナンスをしています。
次回はネック&セットアップ編をご紹介致します。ネック編は重要なフレット磨き等、セットアップは弦を張って最終的な調整を行って商品に仕上げます。

中古ギターメンテナンス日記② ネック&セットアップ編へ

そしてもちろんこのギターは販売致します

気になった方はぜひお問い合わせください。

こちらのブログは山崎がお届け致しました。

一番得意な演奏楽器 エレキギター
持っている楽器 エレキギター、アコースティックギター、ベース、シンセサイザー、電子ピアノ、アルトサックス、DAW機材一式
好きな音楽ジャンル ハードロック
山崎より一言:現役のバンドマンです。長野界隈のライブハウス等で時々演奏しています。ギターの事やバンドのあれこれ、PAやその他何でもご相談ください!

店舗 島村楽器 長野店
電話番号 026-223-7111
担当 山崎

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。