Yokoyama Guitarsオーダーに行ってきました!&ついに完成しました!(12/19更新)

今回、以前からご相談いただいておりましたお客様と一緒に筑北村にある『Yokoyama Guitars』さんの工房へお邪魔しました。初めて訪問でしたので、わくわくしっぱなしでした!では、オーダーの参考にでもして頂ければと思います。

Yokoyama Guitars工房

少し勾配のきつい道を行きたどり着きました!

入口です。扉に小さいギターが!!

大量の木材たち

中に入ると大量の木材がございました。ここからボディー材、ネック材、TOP材、などなど豊富な木材たちから選んでいきます。横山氏にサウンドの傾向など教えていただきながら進めていきます。同じ種類の木材でもたたくと音が違います!高い音だったり低い音だったりと。迷いすぎると迷宮入りになるのでお気を付けくださいませ。ある程度行く前に決めておくとよいかもです。もちろんその場でもOKです。

ボディサイド/バック材

今回はカマティロ材を選びました!やはり、Yokoyama Guitarsといえばカマティロではないでしょうか?この色気のある模様は非常に魅力的です。サウンドもガツンとくる感じに仕上がります!しかし、これだけあると迷いますよね~。ちなみに白い部分をサップといいまして、このサップが多いのもかっこいいんですよね!

ボディトップ材

ベアクロウが入ったジャーマンスプルース材に。カマティロとの相性も良く横山氏にお勧めしていただきました。

ネック材

マホガニーを選びましたよ。非常に杢目の良いものを選んでいただきました。

天神板

もちろんカマティロです!やはりそのほうが間違いないかと。かなりの種類がございましたので驚きました。

ピックガード

こちらもカマティロでオーダー。合うように今回使用するボディバック材から共材といって切り抜いた形となります。最近このオーダーの仕方が多いとの事。

最後に記念撮影

本日はいろいろとありがとうございました。今回は豊富な木材があるタイミングでしたので選びがいがありあっという間でした。

オーダーのご相談は長野店まで!

PS

みなさんと一緒に飲んだ挽きたてのコーヒーおいしかったですね、、、。

オーダー品完成&お客様にお渡しいたしました。

ついにあの素晴らしすぎるオーダーギターが完成致しました!まずはバックの杢目です!

そして遂に完成しお渡しいたしました。

今回は2か月という最速期間で出来上がり、お客様も驚かれておりました。持ち帰ってまずは鑑賞して楽しむとおっしゃっておりましたので、ゆっくりお酒でも飲みながら楽しんでくださいませ。

この度は誠にありがとうございました!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。