小林 信一 『 天国と地獄のギターセミナー』 終了レポート

画像

こんにちは、11月26日(日)に開催した大変盛り上がった『小林信一 天国と地獄のギターセミナー』のレポートをお届けしたいと思います!

開演前

画像

画像

小林信一さんの足元の機材をパシャリ!コンパクトにまとめられており、使いやすいようにきれいに配置されております。ズームのエフェクターMS50が2台使用しており、フリーザトーンのスイッチャーで切り替えてコーラス、リバーブなど1台ずつ使い分けているようです。モーリーのワウペダルはコンパクトサイズでボードに収まりやすく使いやすとのこと。また、SHUREのワイヤレスを使用!レンジが広くて非常に良いとおっしゃっておりました!

開演

画像

画像

早速1曲。速いけどゆっくり見えるなめらかな指の動きが印象的でした。ドタバタしていないんです。また、美しいビブラートにより曲に表情がでてます!流石です。

7弦登場!

画像

やはり7弦の低音はいいですね!男らしさを感じます!また、速弾きをするのに7弦ギターを使うと自然とクラシックフォームになるのでそういう使い方もオススメという教えもございました!

質問コーナー

画像

画像

質問コーナーでは、アーミングの仕方や、速弾きの練習法、長野で食べたいもの?などいろいろと答えて頂きました!速弾きの練習法の解説では、やはりギターを弾くしかないというシンプルなものでした。本当にその通りだと思います。ギターでしかあの動きはしませんからね!また、押すチカラだけでなく離すチカラも大事だと。納得です!指の動きは押して離しての連続ですからね。当たり前なんですが、目から鱗でした。ありがとうございます!ちなみに長野で食べたいのはやはり『そば』でした。間違いないですね。

最後に

画像

最後に参加頂いた皆様と記念撮影!皆さま本当にありがとうございます。また開催致しますので、ぜひお越しくださいませ!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。