『Fire』灼熱のベースセミナーレポート

今回セミナーを担当した廣田です。先日(8/10(日))行われた『FIRE灼熱のベースセミナー』の
レポートをお送りいたします。

開場前のスタジオ

semina1

これからFIRE氏の熱いセミナー始まります。

FIREモデル2本

firemoderu

FIRE氏のモデルです。写真の左がネイティブドリーマー、右がドリームキャッチャーです。目を引く装飾とルックスですね。ネイティブアメリカンを意識したモデルだそうです。

入念にサウンドチェックをするFIRE氏。

set

エフェクターの数は4つとシンプルなセッティングでした。中にはワーミーもありました。
セミナーで登場するのか?

ベース本体のセッティング

semina2

今回のセミナーに協力していただいた『Sugi Guitars』の木村氏と弦高のセッティングをしているところです。ミリ単位での調整が行われておりました。下げると弾きやすいですが、鳴りはよくなくなってしまうので、ギリギリのセッティングをしておりました。本当に難しいですね。各弦のバランスもあるので、プロの技を見させていただきました。

セミナー開始

semi3

ますは1曲披露していただきました。曲の合間で私とのトークのやり取りもありましたが、少し緊張しており、噛んでしまう場面もありましたが、FIRE氏の優しい助け船がありなんとか乗り切れました。ありがとうございます。

終盤

semi4

最後の曲は徐々にヒートアップ!音圧もあがり、遂に『Whammy』登場!凄まじかったです。会場も興奮状態に。とんでもないフレーズがバシバシでてきます!大変感動いたしました。

記念撮影

semina6

セミナーに参加して頂いた皆様と記念撮影です。

セミナー終了後は

semi7

セミナー終了後は、FIRE氏のご好意のもとFIREモデルをお客様が試し弾きしております。滅多にこんな機会ないですよね。大変貴重な体験です。ありがとうございます。

以上、『FIRE灼熱のベースセミナー』レポートでした。参加していただいた皆様、本当にありがとうございます。また、次回?もよろしくお願い致します。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。