お父さんのためのエフェクター講座第一弾 DELAY編

久々にエレキギターでも弾いてみよう・これからやってみたいな・・・という方にお勧めです!

その名も「お父さんのためのエフェクター講座」!! 今回はDelay編です。

今回の講座は人気のペダルBOSS「DD-7」を使ってのサウンドメイクも含めた講座です。

勿論、お父さんではない方の参加も大丈夫ですので、興味のある方はぜひ、ご予約ください。

そもそも、今回の「題材である「DELAY」とは?ギタセレのページからの引用ですが、
とても分かりやすいので、ぜひチェックしてみてくださいね。

~世界初のディレイはLes Paulが発明!?~


ルーパーじゃないですか!
この動画は服装やレス・ポールの立ち振る舞い等考慮すると70年代かと想像しますが、コレを発明したのは1940年代らしいです。その頃はステージ裏に置いたテープレコーダーで録音、再生を行っていたようで、ギターに付いていたのはコントローラー部分のみ。あれ?なんか聞いたことありますね?

そうです。
ディレイがまだ「テープエコー」と呼ばれていた時代は、このように

テープの録音と再生を繰り返してディレイ音を生み出していたのです。
そう考えるとレスポールの行っていたことはMTRであり、ルーパーであり、サウンド・オン・サウンドであり、ディレイなわけです。

テープで作り出すエコー効果だから「テープエコー」だったわけです。
またまた登場、BBD素子~
そしてコーラスの回でもお話したBBD素子が70年代に登場し、さらにその性能が上がって長い遅れを生み出せるようになると、もちろんそりゃあ作りますよね、ディレイ。
この頃からエコーは「ディレイ」と名を変えます。
BOSSから1981年に発売された世界初のコンパクト・ディレイ、“DM-2”。
これ以降、コンパクト・ディレイは隆盛を極めます。

そして、なんと、DM-2は技シリーズとして復刻しています。

~デジタルディレイの登場~
BBD素子を搭載したアナログ・コンパクト・ディレイが登場する3~4年前、Lexicon Prime Timeというラック式のディレイが発売されています。
これはBBD素子ではなく、入力された信号をA/D(アナログ/デジタル)変換してメモリに保存、再度D/A変換して再生、出力するというデジタル・ディレイでした。
しかし最長ディレイタイムは128ms(拡張メモリー搭載で256ms)という、今考えればなんとも物足りない機材。
それでもスタジオ機材として名を馳せていました。

そんな中、またもやRolandがやらかします。SDE-2000を発売!これはラックタイプのデジタル・ディレイ。10万円前半で、最長ディレイタイム約300msと、これまでのデジタル・ディレイの常識を打ち破ったスペック。

そして1983年、さらにBOSSブランドでDD-2を発売!!86年にはDD-2もモデルチェンジを行ってDD-3になります。そのDD-3は今も現役で販売されている、超ロングセラー!う~ん、ディレイ界でのRolandの偉業がスゴイ…そして、DD-7へ

■アナログ・ディレイとデジタル・ディレイの良し悪し
そうなんです。
みんな「なんとなく」なんです。
なんとなく、「アナログは音があったかい」「デジタルは正確」とかで区別して、なんとなく選んでる感じ。
ここでは明確にアナログとデジタルの良し悪しを判断します。

アナログは…

BBD素子(=バケツリレー方式)だと、どんどん水(音)が溢れて(劣化して)いく
フィードバック(音を繰り返し再生)していくと音質が劣化していく
ディレイタイムが揺れる(正真正銘、正確なテンポでフィードバックしない)
上記劣化が、自然なエコー効果を生み、ギタリストにとって自然に聞こえる
デジタルは…

A/D、D/A変換を行うので、そのコンバーター次第で音質劣化は起こり得る
フィードバックしても音質劣化は無い(*劣化しているように再現するデジタル・ディレイも存在する)
正確無比なディレイタイムが演出可能、最長ディレイタイムがアナログに比べて圧倒的に長い
劣化が無いため、サウンドはクリアだが、無機質に感じうる(*同様)
「なんとなく」が意外と正解だったんだと分かりますね(笑)
70~80年代の、Steve Lukatherのような広がり感を、ウォームなサウンドで生み出したいならアナログ、U2のEdgeのようなディレイを駆使したプレイを楽しみたいならデジタル、と用途によって使い分けるのも良いかもしれません。

詳しくはギタセレ エフェクターの基礎知識編 ~空間系エフェクター~ページをご覧下さい。

こんな面白そうなエフェクター、まずはエフェクターボードに入れたいですね!

お父さんのための!と謳っているので、このDelayを使た、代表的な曲といえば・・・そう・・
ガンズの・・・あれですね。ウェルカム的な代表曲を例に、エフェクターの使い方を解説します。
ぜひ、エフェクターをマスターしてエレキギターを楽しんじゃいましょう!

開催日時* 予約制
1月27日(土)14:00START ご予約受付中

同時開催・GIBSONの厳選したヒスコレを2本、期間限定展示予定!!

お楽しみに!!

この記事の投稿スタッフ

投稿者 平野公一(Koichi Hirano)
Profile 小学校からクラシックギターを習い始め、Rock・HeavyMetalに洗礼を受けバスケットボールとエレキギターを嗜み、大学卒業後は渋谷・下北沢周辺でのライブ活動に明け暮れた元バンドマン。中・高教員免許・家電アドバイザーの資格を持つ、腕時計やギターが、そして、なにより木材、杢目が大好きな店長です。ギターのオーダーに関してはぜひとも、ご相談ください。
店舗名 イオンモール長久手店
営業時間 10:00-22:00
電話番号 0561-64-5320
店長 平野(ひらの)

店頭でのお支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ショッピングクレジット
  • 商品券

*一部使用出来ないカードや商品券もございます。

電話受付でのお支払い方法

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。
商品代金+代引き手数料+送料=合計金額 商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

銀行振込でのお支払い方法

当社指定の口座にお支払いいただくことも可能です。商品代金+送料=合計金額
上記を指定の口座にお支払いください。口座振込みの手数料に関しましてはお客様のご負担とさせていただいております。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。