HISTORY 【HS-TV/M】のご紹介

皆さんこんにちは!ギター担当の楠浦です。今回ヒストリーHS-TV/Mをご紹介します。テレキャスタータイプを検討されている方は候補の一つに加えてください!

まずはボディから~

テレキャスアッシュメイプル重たい~!とイメージがありますが、HS-TVではライトアッシュを使用していますので、長時間の演奏でも疲れにくいです!宮崎店の個体ですとギターの総重量が3.2Kgでした。木目は美しく2ピース仕様になっています。

最近の10万円弱のテレキャスではバスウッドが増えてきました。よりテレキャスサウンドを求める方はアッシュボディがオススメです!

サドルではチタン製の3WAY仕様になっています。6WAYと好みが分かれる所ではありますが、このギターには3WAYが合う気がします。チタン製ですので音の輪郭がはっきりしています。多少のクランチサウンドでのコートワークも音が濁りにくいです。

ギターで最も重要な部分でもあります、ジョイント部分です!ヒストリーのボルトオンタイプではファストアクションジョイント仕様になっています。特徴はプレートのサイズが長くなっており、これにより強固さと、サスティーンが得られます。1弦側はハイポジションの演奏を高めるために浅くなり、浅くなった質量は6弦側で補完しています。理にかなった設計になっています。

ヘリテージウッドハードメイプル仕様になっています。人口植林ではなく、北米開拓以前のメイプルです。剛性がありネックが狂いにくく、倍音豊かな木材です!

握ったときのグリップ感は手が短い私でもしっかり握りこむ事ができます。

音、質感は是非店頭でお試しください!お待ちしています。

https://www.digimart.net/cat01/shop5195/DS06300844/

デジマートサイトはこちら↑

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。