いっちゃがブログ~楽器紹介ブログ~Vol.6

いっちゃがブログ~楽器紹介ブログ~Vol.6

皆さんこんにちは!久々のブログ更新です!今回は今の季節にピッタリなギターをご紹介いたします。ジメジメした季節にテケテケサウンドで爽やかに!ギターを始めた頃は皆さんベンチャーズ1度はコピーされた事があるんではないでしょうか?モズライトは音の抜けが良く歌物にもバッチリマッチするサウンドです。
7月29日(日)までの展示となっております。是非お店に遊びに来てください!

mosrite

画像
モズライトの創業者はセミ―・モズレーで、1952年頃からギターを製作し始め、その後リッケンバッカ―の工場に勤務していた経歴があります。ベンチャーズや加山雄三さん、寺内タケシさんが使用し、GSの定番ギターとしても大活躍しました。

mosrite SuperCustom63

画像
純国産の高い品質を誇る黒雲製作所の上級シリーズ「スーパーカスタム」の中でも上位モデルの63年仕様の復刻版。ジャーマンカーブボディが映えるボディバインディングにサイドジャック仕様、セットネックジョイント構造を持つ豪華な仕上がり。伝統的なビブラミュートトレモロユニットやローラーナットなどのハードウェアはGOTOH製の最高級品で、アーミング時のチューニングの狂いもほとんどなく、あらゆるモズライトの中でもっとも高い精度を強度を誇ります。

mosrite SuperCustom65

画像
純国産の高い品質を誇る黒雲製作所の上級シリーズ「スーパーカスタム」のスタンダードモデル。ベンチャーズモデルとして定番の65年仕様の復刻版です。

mosrite SuperExsellent

画像
モダンな仕様と新しいカラーを取り入れたのが「スーパーエクセレント」シリーズ。ボディ形状やトレモロユニットなどのパーツは上位機種と同等でありながら、木材やピックアップを変えることで高いコストパフォーマンスを実現しています。大きな違いはネック、ピックアップ、塗装。より現代的な作りのネックとL-2000ピックアップによってあらゆるジャンルに適応する汎用性の高さを持っています。

おススメ曲♪

画像
Tom MischのアルバムGeographyの『It Runs Through Me』です。久々の若手ギタリストが現れました。曲のセンスも良いですし、メロディーの弾き方一つ取っても選択する弦、スライドを取り入れた歌うギター完成されたいます。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。