宮崎ギターコレクション“夏”カウントダウンブログ<vol.19>

皆様こんにちは!最近スタッフから「酒豪」「男前」という何ともワイルドなあだ名をつけられました佐々良(♀)です。男前の由縁はハスキーボイスと脚立を持つ姿が似合いすぎるからだそうです。
そんなワイルドな私から、今回は繊細なアコースティックギターをご紹介させて頂きます。

K.Yairi DY-28

全体

トップ:スプルース単板

バック&サイド:ローズウッド単板

ネック:マホガニー

指板:エボニー

ブリッジ:エボニー

スケール(弦長):64.5cm

全長:102cm

ボディ巾:40cm

付属ケース:ハードケース

K.Yairiといえば言わずと知れた純国産ハンドメイドギターブランドですが、その中でもオール単板ドレッドノートボディを採用しているのがDYシリーズです。K.Yairiの定番ともいえるシリーズですね。ローズウッドサイド&バックのトレッドノートならではの高音から低音までバランスよく鳴るサウンドが魅力のDY-28は、マホガニー採用モデルであるDY-18とはまた違った迫力があります。シンプルな作りですが、それが故にブランドの持つサウンドの個性が強調されるモデルと言えるでしょう。K.Yairiの個性あふれるサウンドを是非お店で体感して下さい!

ギターコレクションは7月5日~7月7日開催!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。