【クラシックギター】国産手工フェアカウントダウンブログVOL.8

この度は、島村楽器のブログ略して「シマブロ」をご覧頂きましてありがとうございます!

イオンモール宮崎店スタッフの片本です。

今回入荷するギターで私が注目しているのはアストリアスの10弦ギターです!

元々は「禁じられた遊び」で有名なスペインのナルシソ・イエペスが開発したギターで、

福岡県久留米市にあるアストリアスギターが手加工にて制作した物です。

現代ギターの3月号でも多弦ギターは特集されてましたので、気になっていた方は

是非この機会に試しにいらして下さい!お待ちしております。

アストリアス 10-strings

10弦ギター

10弦ギターはスペインの巨匠イエペスが開発したギターです。主に倍音による共鳴効果が目的で、6弦だけでは共鳴が無い音に対しても共鳴が得られるため、抜群の音のバランス、華やかな音色と深い低音が得られます。

また、チューニングを変える事で、バロックリュートの曲が簡単に弾けるのも魅力です。

表面板杉単板横・裏板ローズウッド弦長650mm指板黒檀ネックマホガニー駒ハカランダ塗装ウレタン仕上げ.

調弦 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

Basic F# G# B♭ C E A D G B E

Lute style A B C D E A D G B E

*1弦から6弦まではプライムギターと同じ調弦。7弦から10弦はベーシックとリュートスタイルで調弦。実音または倍音で演奏可能。

ナルシソ・イエペス

いえぺす

1952年、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、

映画「禁じられた遊び」の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行い、

その テーマ曲「愛のロマンス」がヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。

日本には1960年から1996までの間に計17回訪問した。

1964年からは、ホセ・ラミレスⅢ世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを

開発した。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。