【クラシックギター】国産手工フェアカウントダウンブログVOL.4

皆さんはじめまして!
今年度から宮崎店に配属になりました新入社員の佐々良です。
クラシックギター国産手工フェアのカウントダウンブログの4回目を担当させていただきます。
新人らしく頑張りますのでよろしくお願いいたします。

私がご紹介させていただくのはアストリアス社の『RENAISSANCE(ルネッサンス)』です。

画像

■スペイン式製法を採用。ネックブロックを中心に側板・表裏板を組み上げる伝統的な手工製法により、ボディからヘッド頂点に至るまでのギター全体が弦と共に振動し、豊かな響きを産み出します。

■表面板には選別された上質のドイツ松を使用しています。贅沢で希少な材は、長い年月にわたって十分にシーズニングされたアストリアスならではの“技”というべき素材です。また、ネックには屋外・屋内での過酷なシーズニングを経たマホガニー材、指板には本黒檀を使用、いつまでもまっすぐな指板を保ちます。

■表面板:ドイツ松単板

■横・裏板:インディアンローズウッド単板

■弦長:650mm

■指板:黒檀

■ネック:マホガニー

■駒:ハカランダ

■塗装表面板/セラックニス仕上げ

■横・裏板/ウレタン仕上げ

試し弾きもできますのでぜひお越し下さい。

『クラシックギター国産手工フェア』 開催は5月31日(金)~6月2日(日)です!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。