宮崎アコースティックパラダイス!! カウントダウンブログVol.1

皆さんこんにちは。宮崎店アコースティックギター担当の富窪です。
本日より12月7日(金)より3日間開催しますアコースティックギターの祭典、
アコースティックパラダイス(泉谷さん命名・・・まだ仮タイトルですが)へ向けたカウントダウンブログも、
Miyazaki Bass Collection!!カウントダウンブログと1日おきにお届けしていきます。
どうぞ宜しくお願い致します。
7月に開催しました宮崎ギターショーはかなりのお客様にご来場頂きまして、
盛り上がったイベントとなりましたが、
今回は特にアコースティックギターだけの大展示会となります。
今までも小規模な試奏会や展示会など開催してまいりましたが、
まだまだ展示できていないブランドはたくさんあります。
そこで今回は普段とても展示できないようなメーカーを、
お客様にお見せし試奏していただきたいを
テーマに頑張っていこうと思っております。
しかしながらまだ全く全貌が明らかになっておらず、
これから交渉を進めていく次第でありますので、どうぞご了承くださいませ。
そして今回は富窪が何とか展示したいと思っているブランドを1つご紹介させていただきます。

SANTA CRUZ GUITAR COMPANY

サンタクルーズ

アコギファンの方ならもちろんご存知かと思いますが、
前回のギターショー時にもお客様よりリクエストいただいたのですが、
エレキが中心の前回のギターショーでは入荷がかないませんでした。
このサンタクルーズはアメリカのメーカーで、生産が年間800本ぐらい
70%がアメリカ国内、残りが海外へ輸出しているメーカーです。
一言でいいますとルシアーハンドメイドによるハイクオリティーギターを作っているメーカーとなります。
少人数による製作工程はBench Styleといい、一つ一つの工程を一人ずつが机の上で生産し、
品質を確保していくスタイルで今も大切にされているようです。
使用しているアーチストを見てみますと、問題になるといけないのであえて名前は出せませんが、
これがまたそれはそれはすごい顔触れでした。
そんな中々御目に掛かれないブランドのギターの中で
特に持ってきたいと思っているギターがこれです。

H-13

サンタクルーズH-13

トップ:シトカスプルース
サイド&バック:マホガニー
13フレットジョイントでスロテッドヘッド

どうぞ期待していてください。
それでは本日はこのあたりで失礼いたします。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。