難しくない!スタジオ機材のご使用方法を解説します!!

解説します!スタジオ機材!!

こんにちは!デジタル担当の小嶋です。今回のブログのテーマですが、スタジオの機材についてです!当店にはスタジオがあってたくさんのお客様にご利用頂いております。その際にマイクをお貸出ししているのですが、つなぎ方やアンプ・ミキサーの使用法がイマイチ分からないという方もいると思います。(私自身も初めてスタジオに入った時はミキサーのボタンとつまみの多さに戸惑いました)今回は当店のスタジオ機材の使用法を写真を交えて解説していきます。もちろん、当店以外のスタジオをご利用する場合でも役立つと思いますのでぜひご覧になってください!!

マイクミキサー編

①電源のつけ方

まずしっかりボリュームフェーダーが下がっていることを確認しましょう!確認できたら背面のスイッチを入れてください。当店のスタジオではアンプ内蔵、そしてスピーカーも電源がついてないのでのでミキサーの電源を付けるだけでご利用いただけます。アンプが別な場合はミキサー→アンプ→スピーカーと電源をつけてください。

②マイクの接続

1 必ずチャンネルのONスイッチが入ってない事を確認してください!

2 マイク・ケーブル・ミキサーを接続します。

3 チャンネルのONスイッチを押して点灯させます。

4 マスターフェーダーとチャンネルのフェーダーは0DBに合わせる。これ以上上げては歪みが発生します。

5 最終的な音量はゲインで調節する。

用語解説

ゲイン-入力のレベルを調節する。上げすぎるとハウリングします(マイクを使ったときにキーンとする現象)

フェーダ-出力のレベルを調節する。マスターフェーダーは繋げた楽器、マイク全ての音量をあげます。

③練習スタート

あとは楽しく演奏です!!

マイクの持ち方は注意です

この持ち方はハウリングを起こします!

このように持ちましょう!!

スタンドの立て方

あまり練習では関係ないかもしれませんが、重要なことなので解説します

スタンドの足の向きに注意!

写真下がステージです

これではステージ前方に倒れる可能性がある

こちらが正しい立て方

④練習終了~電源の切り方 

1 しっかりフェーダーを下げましょう!(マイクを先に抜いては故障が発生する場合もあります)

2 ONスイッチを切る

3 マイクを抜く

4 ミキサーの電源を切る

アンプが別な場合はスピーカー→アンプ→ミキサーと電源を消してください!

ギター・ベースアンプ編

マーシャルなどの真空管アンプは、電源スイッチを押す順番が大切です。まずは電源オンのやり方。

真空管アンプの正しい電源の入れ方 (電源ON)

1.アンプのツマミがすべてゼロになっているかを確認

2.パワー(電源)スイッチをオン

3.その状態で2〜3分待つ

4.スタンバイスイッチをオン

5.ツマミを上げてギターの音を出す

電源をオフにする場合は、オンの時と基本的には逆です。

真空管アンプの正しい電源の切り方 (電源OFF)

1.アンプのツマミがすべてゼロになっているかを確認

2.スタンバイスイッチをオフ

3.その状態で2〜3分待つ

4.パワー(電源)スイッチをオフ

シールドを抜くタイミングは、2のあとでOK。

ベースアンプの場合はスタンバイが無い場合があるので、上記スタンバイスイッチの手順を飛ばしてください。

最初はちょっと難しいと感じるかもしれませんが、慣れてくれば使いこなせます。当店のスタジオに入った時も質問どんどんお待ちしてます!!


担当

小嶋

洗足学園音楽大学大学院音楽研究科作曲専攻修了

修了後は作曲やアレンジの現場を経験。

DAWのソフトの使い方、打ち込み、ミックスのお悩み解決致します!

ぜひお越しください。

気になる機材

リアルなオーケストラを打ち込める音源集

お問い合わせ

店舗名 島村楽器水戸マイム店
電話番号 029-233-2121
営業時間 10:30~20:00
デジタル担当 小嶋

お客様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

交通・アクセス方法

所在地 〒310-0015
茨城県水戸市宮町1-2-4
マイムビルB1F

水戸マイム店の地図はこちら
JR線「水戸駅」下車、北口より 徒歩3分
大洗鹿島線「水戸駅」下車、北口より 徒歩3分 マイムビルB1F

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 茨城人 より:

    ミキサーの使い方が凄まじく間違ってますよ
    島村楽器さんがそんな使い方を広めてるなんて、ゾッとします
    取扱説明書を読むことをお勧めします

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。