ユーザーバンド プレゼンツ 来場者目線のHOTLINE 2017 JAPAN FINAL面白リポート!

11月12日 HOTLINE 2017 JAPAN FINAL開催!

こんにちは!HOTLINE・ライブ担当 中井川です☆

11月12日(日)、恵比寿ガーデンホールにて、HOTLINE2017 JAPAN FINALが行われました。
わたくしも恵比寿ガーデンホールにJAPAN FINALスタッフとして行ってまいりましたよー!

恵比寿ガーデンホールに、JAPAN FINAL出場されるアーティストさんと応援する皆様の、熱い想いがパンパンに溢れていました。

そんなHOTLINE 2017 JAPAN FINALに、今水戸をざわつかせているウワサのオトナバンド『アルコホルン』のお二人が見に行ってくださいました!
エリアファイナルに引き続き、ジャパンファイナルをレポートしてくださいます☆

中井川:それでは、アルコホルンさーん、よろしくお願いいたしまーす!

アルコホルンのHOTLINE 2017 JAPAN FINALレポート!

画像
アルコホルンです!

先日の北関東・埼玉ブロックエリアファイナルのレポートに続いて、JAPAN FINALのレポートをお届けします!今回は、鈴木と江川の二人で行って参りました!

朝10時。集合場所はライブ会場の恵比寿・・・ではなく、楽器の街お茶の水!
画像
楽器が好きな方は、きっと一日中居ても楽しめますね♪

島村チルドレンの我々アルコホルンは、ひととおり冷やかしたのち、軽めの昼食(つけ麺大盛り400g)を済ませます。4日後の健康診断などを気にしていてはロッカーではありません。破天荒さが大切です。

11時45分、いよいよ会場の最寄り駅「恵比寿」に移動開始です。

前日夜のスタジオ練習の疲れか、それともつけ麺の食べ過ぎか(おそらく後者)、2人とも電車内で意識が朦朧とし始めます。危うく乗り換え予定駅を通過しそうになるものの、なんとか無事に恵比寿駅に到着。
画像
駅からライブ会場の恵比寿ガーデンホールまでは、長~い動く歩道「恵比寿スカイウォーク」で楽々移動です♪後ろ向きに歩いてムーンウォークごっこするのは他の利用者の迷惑になるのでやめましょうね。おいコラ鈴木、やめろっつてんだろ!

12時20分。ついに恵比寿ガーデンホールに到着!12時半の開場を楽しみに、既にお客さんが列をつくっていました。

画像
さて、ここからHOTLINE 2017 JAPAN FINAL会場内の様子をレポートしていきたいと思います。
画像
このチケットをもぎられるのをずっと楽しみにしていました!

受付でチケットを渡し、水戸店スタッフの中井川さんから抽選券やフライヤーの入った袋を貰います。って、ん?(。´・ω・)? またここにも中井川さん!お疲れ様です!

会場は自由席。ラッキーな事に最前列が空いてます!
でも焦らずさりげなくスっとが大事です。ここジャパンファイナルにおいても我々大人の余裕が発揮されてしまうわけです。
ステージの真ん前ほぼ中央の座席をゲット!

画像
アーティストを間近で見られて、音楽を目・耳・肌で感じられるのもライブの魅力の一つですよね。
13時。森一丁さんの司会で開演!光と音の演出で会場のボルテージがぶち上がります!

画像
そしていよいよ10分間に想いを込めたライブの真剣勝負がスタート!

No.1 中部エリア代表 イオン四日市尾平店エントリー「Beard Brown」
画像
オープニングアクトにふさわしい、激しくもキャッチ―で透明感のあるサウンドで会場を包み込んでいました。ヴォーカルのハイトーンで伸びやかな声が曲に絶妙にマッチしていましたね!

No.2 東北エリア代表 仙台長町モール店エントリー「TURN BACK FRIDAY」
画像
力強くて気持ちがこもったヴォーカルによるストレートなロックが印象的でした。楽しそうに激しく演奏している姿がなにより素敵でした。一緒に混ざって唄いた~いって気持ちにさせてくれました!

No.3 中四国エリア代表 イオンモール岡山店エントリー「Fake In Act」
画像
ギターのカッティングが気持ち良い!おしゃれでポップな曲を演奏してくれました。
もう一方ソロギターの方がおられて、普段は4人で活動されているそうなので、その編成での曲も聴いてみたくなりました。

No 神奈川エリア代表 ミーナ町田店エントリー「WELL-DONE」
画像
ヴォーカルの伸びやかなハイトーンボイスとパフォーマンスに圧倒されました!会場がヘヴィでテクニカルなプレイに酔いしれていました。ヴォーカルさん、本当に楽しそうでこちらも楽しい気分にさせてくれました!

No.5 北関東・埼玉エリア代表 宇都宮パルコ店エントリー「便所の草」
画像
楽しいけどさw面白いけどさwこれバンドコンテストだよね?www(by 司会:森 一丁さん)確かにw
でもそんなの関係ねぇ!サビがしばらく脳内でリフレインしていました。
ファンの方との一体感は、エリアファイナルにも増していました。我々のエリア代表として、日本全体に強烈な印象を与えたことは間違いないでしょう!これからもよろしく、栃木の恥!←あ、これ自称ですからね?悪口じゃないですよ?(笑)

No.6 群馬・信越エリア代表 松本パルコ店エントリー「或ナグラム」
画像
クリアな歌声に時折混じる、ちょっとサイケデリックな音が癖になりますね。途中で曲の展開が変わったり、目まぐるしい音の放出があったり我々大人もオドロキでした。
しかしながら、とても聞きやすい歌に引き込まれました。

No.7 北海道エリア代表 札幌パルコ店エントリー「Chienoir」
画像
幻想的な雰囲気の曲に、エモーショナルな歌声が乗ってとてもスタイリッシュでした。
ギターが奏でる美しいディレイサウンド、たまりませんな。ドラムスの力強いプレイも印象的でした!

No.8 千葉エリア代表 イオンモール千葉ニュータウン店エントリー「Goat Empire」
画像
ゴリゴリのロックとはこういうバンドを言うのではないでしょうか!
音の抑揚のバランスが絶妙で我々を飽きさせませんでした。センターのギタボのアグレッシブなプレイに我々の心は持ってかれましたね!

No.9 関西エリア代表 ららぽーとEXPOCITY店エントリー「モスキートコイル」
画像
激しい!楽しい!ファンキー!
っておい、おい!どこ行くんだよギター!(笑)ステージ飛び出すギターファンキーに我々も驚き!
思わず肩が揺れてしまうノリの良い曲でした。ファンクって楽しいなぁ。

No.10 群馬・信越エリア代表 イオンモール太田店エントリー「みどりかわさん」
画像
油断していました。涙腺を刺激される覚悟をしていなかったので。
これまでノリノリだった空間が一気に静寂に包まれ独特の雰囲気に支配されました。
のんびり、ゆったり、ほっこり♪隣の席で観ている鈴木さんが寝ようとしていました。

No.11 九州エリア代表 熊本パルコ店エントリー「Karte」
画像
ダークで緊張感漂う曲に、冷たい音。
独特な雰囲気のステージングに魅了されました。
去年も、我々ここファイナルで見たのですが、それよりさらにパワーアップされていましたね!

No.12 東京エリア代表 イオン葛西店エントリー「LIFE CORE FACTORY」
画像
耳に残るストレートなメロディと激しいパフォーマンスで会場を一つにしていました。
ずっと聴いていたくなりますね。もうとにかく、ギターのハイテクニカルなプレイに、自然と我々の手指もワサワサうごめいちゃいました!

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。ゲスト、昨年の覇者「プリメケロン」の演奏を聴きながら審査を待ちます。聴いているだけの我々までなんだかドキドキ。

ところで、このジャパンファイナルにおいても、プレゼント抽選会が行われました!
豪華賞品でしたね!
島村楽器御中は太っ腹ですの~~フォフォ!

え、我々?
箸に棒にも掛かりませんでしたよケッ×2

そしてついにHOTLINE 2017 JAPAN FINALのグランプリ発表!
No.12 LIFE CORE FACTORY でした!おめでとうございます!

画像

どのアーティストも素晴らしい演奏とパフォーマンスで楽しませてもらいました!

いや~、前回も言いましたが、

ほんとライブって超・素晴らしい!!

今回出場のバンドの皆さん、エリアファイナルを勝ち抜いてきて、いろいろな想いを背負ってきたと思います。それが、ジャパンファイナルを通じてビンビン伝わってきました。
でも、エリアファイナルからジャパンファイナルを通じて拝見して思いましたのは、どのエリアもホントどのバンドが出て来てもおかしくないくらい、素晴らしいバンドさんであふれているのではないかなと。
そんなわけで、来年は水戸マイム店から、多数のバンド(目標100組)が次のステージに行けるよう、頑張りましょうね!

最後に、とても素敵なライブをありがとうございました!

(オマケ)
帰りの道中、恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションに沢山の人が見とれていました。
鈴木さんはすれ違うカップルの多さに負のエネルギーを蓄えて震えていました。
これから12月でタイムリーかなと思いましたので最後にこの写真を贈呈しまして筆を置かせて頂きます。

画像

HOTLINE 2017 JAPAN FINALのレポートは以上です。ありがとうございました!
アルコホルンでした!

中井川:ありがとうございましたー!!
アルコホルンのゆかいなレポート、たまりません(笑)わたくしクセになりそうです。

今年のHOTLINEも楽しませていただきました!!
そうですね、来年こそは水戸店からもたくさんのバンドをファイナルに送り出したいですね。
エリアファイナル・ジャパンファイナルのあの熱い空気をたくさんのバンドさんに味わってほしいです。
私からも、

ほんとライブって超・素晴らしい!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。