【YOUは何を使ってはりますか? 】今井先生の機材紹介①

講師の機材をご紹介!

こんにちは。副店長の田中です。
普段レッスンをしている先生がどんな機材を使っているのか気になりませんか?
そんな疑問に答えるべく私、田中が先生の愛用するギターやエフェクター、周辺機材等を紹介していきます。
不定期ですが、シリーズ化もしていきますのでお楽しみに!!
初回はギター講師 今井先生の所有するギターをご紹介します。
今井先生は月・日でギターレッスンを開講中です。
詳しい先生のプロフィールはこちらから。

Infinite 「Trad TL」

Infiniteという国産ブランドのギターを使用しています。このブランドは大阪に拠点を置くギターリペア・修理専門店「株式会社ハイエンドミュージック」が制作するオリジナルギターです。
画像の先生が持っているテレキャスターが今回ご紹介するギターです。
ちなみに写真右の2本も「Infinite」です。

ギターのこだわりポイント

アルダーボディにメイプルネックの仕様。ボディはレリック加工(エイジド加工)がされており、ビンテージ感がでており目を引きます!ネックは細めでスケールも短く弾きやすくなっているのが特徴。ずっと弾き続けたくなるギターです。ピックアップはフロントにダンカン、リアにディマジオのCHOPPERを搭載。

ヘッド

ヘッドにはinfiniteの大きなロゴ。ロゴは小さいタイプもありオーダー時に選ぶ事が可能です。

裏には先生の名前が入ったプレートが入っています。

サウンドの特徴

テレキャスならではの歯切れの良いサウンドを残しつつ、低音から高音まで幅広い音が出せて使いあらゆるジャンルにも使いやすいとの事です。

普通のテレキャスよりもネックの組み込みがかなりしっかりとしているのがサウンドにも影響しています。小菊ロジックという仕組みでネック側の3本の凸とボディ側の3本の凹ががっちりとかみ合うことで豊かなサスティンが得られるそうです。またボルトジョイントの弱点である衝撃などによるセンターずれが一切出ず、安定した状態をキープできるとの事。激アツです。

BFTSインストール

infiniteのギターには全てBFTS(バズ・フェイトン・チューニング・システム)を搭載しています。BFTSとはギターのコードの響きが濁ることについて、これを解消するようにイントネーションを調整するシステムのことです。ギタリストのバズ・フェイトンによって考案されたシステムになります。チューング方法も通常とは異なります。詳しくはこちらをご覧ください。



今回は今井先生のギターを紹介しました。先生ご愛用のinfiniteはお客様のご要望に合わせてオーダーを承っております。店頭にも2機種展示しておりますので、興味のある方は是非、試してください。他先生の機材もこれからどんどん紹介していきます。それではまた。

過去のInfiniteの記事はこちらから。

音楽教室についてこちらのページをご覧ください。


アクセス方法・この記事のお問い合わせ

橋本・調布方面から京王相模原線 南大沢駅より徒歩1分。改札を出て正面のビル「フレンテ」の4階にございます。
お車・自転車でお越しのお客様は多摩ニュータウン通りからのアクセスが便利です。アクセスマップはコチラをご覧下さい。また、駐車場をご利用の方はコチラをご覧下さい。

店舗名 島村楽器 フレンテ南大沢店
電話番号 042-653-3430
営業時間 10:00~21:00

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。