まるしょーのこたえまSHOW!【2019年、ギター始めてみませんか!】

みなさんお久しぶりです!ギター・ベース担当の丸山ことまるしょーです!!

年末寒いですね~。ちなみに雪いっぱい降ってくれた方が体感温かいんですよ!

学生の皆さんは冬休みでしょうか。こたつやストーブの効いている家の中でぬくぬくするのもいいですよね。

しかし皆さんせっかく長期休みです。しかももうちょっとで2019年です。どうせなら新年やったことのない楽器など始めてみてはどうでしょうか!きっとあっという間の楽しい冬休みになるはずです!

ギター、始めてみませんか!!

そこで今回はお手軽に始めることのできるギターについてご紹介したいと思います!

実はいろんなお客様からこんなことをたくさん聞かれます。

Q.結局エレキとアコギどっちがいいの?

この際ブログに残すのもいいんじゃないかと思い今回書いてます(笑)

それでは早速お答えします。

ギターは細かいのを除いて大まかに、アコースティックギター(以下アコギ)エレキギター(以下エレキ)に分けることが出来ます!ギターでどういうことがしたいかで、どちらをオススメするかは変わってきます。

ギターをジャカジャカ弾いて歌ったり、ギターだけで伴奏も含めたソロ演奏をしてみたい→アコギ

バンドを組んでギターを弾いたり、音を歪ませて(ひずませて)カッコイイソロが弾きたい→エレキ

もちろんバンドでアコギを使ったりエレキで弾き語りする例外もあります。

どっちがいいか迷っている方の為に別の観点からの決め方をご紹介します。それは・・・

「ご自宅がアコギを思いっきり弾ける環境なのか」

エレキギターの魅力

アコギは板を張り合わせてボディを作っていて、中が空洞です。そのため音も大きくなり、最悪近所迷惑...となる可能性があります。エレキギターは木の塊から削り出して作っているのでほとんど響かず、逆にアンプを通さないとうるさいところでは全然聞こえません。逆に家だとそれはちょうどいいくらいの音量だと思います。アンプに通したかったら家庭用のミニアンプがありますし、ヘッドホン出力することもできます。

実を言えば弦の太さや弦の高さの関係で、エレキの方が弾きやすいです。なのでこれから始める方でどちらでもいいという方にはエレキをオススメします。エレキのメリットいっぱいですね。もし迷い、音量を心配するのならエレキが良いかもしれません。ではエレキだけをオススメするのか、そういうわけじゃありません。

アコースティックギターの魅力

エレキの弾きやすいとか、音量とかのメリットと同等なくらい、アコギには魅力がたくさんあります。

まず「ギターを買いたいけど予算があまり多くない」という時。アコギは本体だけで楽しむことができます。エレキギターに必要なシールドやアンプを買わなくていいからです!エレキはそれらも含めて本体のグレードを選ばないといけませんが、アコギは予算を最大限本体に回すことができるので、同予算だとアコギの方が良いものを手に入れることができます。

またアコギのあの独特の暖かみのある音は、エレキに出すことはできません。アコースティックシュミレーターのような音を再現するものもありますが、それはあくまで音を「真似た」だけであって本物には及びません。しかもアコギは音色の違いがわかりやすく、メーカーや種類でかなり違いがあります。自分好みの音もすぐ見つかるはずです!

また先程述べた音量問題ですが、消音機やサイレントピックと呼ばれる、あまり音を大きくせずに弾く事のできる物もあります。

もう近隣にビクビクしながらアコギを慎重に弾くなんてことはないのです!

どうでしたか?どの観点で決めるかによって全然答えは変わってきます。私は最初好きだったモデルと弾きやすいと教えてもらったこともあってエレキを選びました。それによってデメリットなどありませんし、アコギに興味が出たらアコギに手を出せばいいのです。どちらが先でもそれは変わらず、そのころにはある程度弾けるようになっていて、きっと楽しく弾けるはずです!!

これでも決めることができなかったらぜひ迷ったまま当店へお越しください。きっと楽しい音楽生活のお手伝いができると思っています。

それではまた~

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。