【レポート】iZOTOPEミックス&マスタリングセミナー

こんにちは。
島村楽器松本パルコ店の本平です。
今回は10/5(土)に行われたiZOTOPEミックス&マスタリングセミナーが、どんな様子で行われたか、製品の紹介を交えて報告します!

ミックスをAIが自動生成!Neutron3

当日はプロダクトスペシャリストの因さんが実際に楽曲をオペレートしながらご紹介いただきました。楽曲は「ロー感やハイハットがうるさいかな?」とか「ボーカルが聴き取り辛いな」といったバランス具合でした。
まずは何もミックスしていない状態のデータを立ち上げ、各トラックにRelayをインサートし、マスタートラックにはVISUAL MIXERをインサート。そしてフォーカスしたいトラック(歌ものだったら、Vocalトラックを選択など)して、始まりから終わりまで1曲全体を再生します。

するとどうでしょう!聴き取り辛かったヴォーカルがしっかり前に出てるではありませんか!会場からは「おぉっ!」と驚きの声が。
これで各トラックの音量調整はOKです。もちろんこの自動調整の後での調整も可能です。あとは各トラックのパンニングを決めればミックスの最初の段階はクリアです。

EQ処理にはSculptor!

各トラックの音量調整が大体整えば、次はEQを使っての整音作業です。特に注目なのがSculptorというエフェクトで、なんと自動でEQ処理がされるのです!
いやぁ、もうここまでの機能だけでも買う価値があるでしょう、iZOTOPEさん。

ボーカル用チャンネルストリップ型プラグインNectar3

次にプロダクトスペシャリストの因さんが用意したトラックは、パワフルなドラムと熱いリフがうなるロック系サウンド。まずは未処理の素材を聴きました...、
(うん?ボーカルいなくね?)
ここで因さん、ボーカル用チャンネルストリップ型プラグインNectar3をボーカルトラックに挿入。
(あー、ボーカルいたのね。音ちっさ!これどうすんのさ。)
そんな本平の思いをよそに、因さんはVocal Assistant機能をオン!するとどうでしょう!声がグッと前に出てくるじゃないですか!EQやコンプ処理と音量調整をAIが自動で行ってくれました。

※写真は熱心に因さんのお話しを聴く参加者のみなさま

Nectar3のここに驚いた!Unmask機能

個人的に特に驚いた、というか実践したいと感じたのがUnmask機能です。この機能は、ボーカルとギターなど、同じ周波数帯域でぶつかるサウンドを、Relayとコミュニケーション機能で連動して解消してくれるのです。例えばボーカルとギターのトラックがぶつかっている場合、ボーカル側のサウンドを分析した上で、ギター側のプラグインに自動で処理をし、ボーカルがギターに埋もれないように自動で処理します。自動で。いや、この作業、本当に大事な工程なんだけど結構大変なんですよ。

し・か・も...!!

Nectar3のEQにはFollow EQモードが付いてるんです!いままで処理に費やしたあの時間は何だったのか...。ボーカルのピーク処理ってすごく大変で、基音や倍音が激しく移動するボーカルは、そのピークをイコライジングするために、周波数ポイントを追従させるオートメーションを書くんですが、この機能があればあのわずらわしい作業ともお別れです!何を言ってるかわからない方も、とにかく使うだけで、バランスが取りやすくなるので、ぜひ使って欲しいです!

盛りだくさんのセミナー内容

その他にも、VocalSynth2の鍵盤演奏で歓声が上がり、オーディオリペアーツールRX7のノイズ除去機能やボーカル抽出/キャンセル機能の紹介ではどよめきが上がったりと、充実の内容でした!

細かな質問にまで丁寧に答えてくださったプロダクトスペシャリストの因さん、本当にありがとうございます!また来てください!
セミナーの最後には因さんと参加者のみなさまとパチリ!ご参加ありがとうございます!

Ozone9発売記念キャンペーン実施中!

現在、10/31(木)までの期間、島村楽器で以下のiZOTOPE製品を通常よりお安くお買い求めいただけます!

商品名 通常価格 特価価格
Music Production Suite 3 ¥109,780(税込) ¥63,360(税込)
Ozone 9 Advanced ¥54,780(税込) ¥42,240(税込)
Ozone 9 Standard ¥27,280(税込) ¥21,020(税込)
Ozone 9 Elements ¥14,080(税込) ¥10,340(税込)

旧バージョンをお持ちでない方にもお得な情報があります!
詳しくはコチラ↓↓↓

【数量限定!】iZotope Ozone8 Elements 無料配布!

ご注文/お問い合わせ

電話をかける

担当 本平(モトダイラ)

この記事を書いた人

本平(モトダイラ)
元エフェクタメーカー勤務。現役のレコーディング・エンジニア。気が付けばアイゾトピアン。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。