セイレン弦楽器工房さんにお邪魔してきました

こんにちは、島村楽器松本パルコ店ウクレレ担当の西野です!先日松本市内に工房を構えるセイレン弦楽器工房さんにお邪魔してきましたので、その時の模様をお伝えします。今回の工房訪問目的は「松本店オーダーモデル」の打ち合わせ!果たして、どんなウクレレをオーダーしてきたのか・・・
画像

工房に入ってすぐ、大量の木材がお出迎え!

T's Ukulele用と思われる大量のネック材の脇に、稀少材の黒柿が!!(写真右端)
画像

せっかくなので、工房を見学させていただきました。

画像

ブックマッチした表板をおおまかに切り出しているところですね。
画像

ボディ側板を曲げる作業。型を使うことで作業時間を短縮できるんだそうです。
画像

こうなります。画像

で、こうなって、
画像

ここに裏板、表板を組んでいくんですね。
画像

セイレンさんではNC(数値制御)ではないルータでネックを削り出しているそうです。職人技ですね!
画像

こちらはセイレンさんの看板商品のひとつ、EMB(エレクトリック・モバイル・ベース)のボディですね。
画像

こちらは材置き場。
画像

私の大好きなジリコテ(写真中央)や、ものすごい杢の出たハワイアンコア(写真右下)などの稀少材も!
画像

わざわざアメリカから取り寄せたという塗装ブース。
画像

日本では南西諸島と小笠原諸島にしか自生していない「タマナ」の木。
画像

そのタマナを使ったウクレレがこちら!マホガニーのような見た目ですが、クリアでハッキリとした音色の中に豊かな倍音成分があり、何とも言いがたい温かみを感じさせます。すごく良く鳴る楽器でした!
画像

ハワイアンコアの端材で作られた漆塗りのお箸や箸置き。ほ、欲しい~!
画像

さてさて、ここからが本題の松本店オーダーウクレレの打ち合わせです!

画像

出てくる出てくる!セイレンさん秘蔵の珍しい材が次から次へとテーブルに並んでいきます。

スポルテッド栃画像

レッドシダー画像

ピンクアイボリー画像

カーリーマホガニー画像

これらの材でウクレレをオーダーしたい!というお客様は是非ご相談下さい!(看板犬のチャロさん)
画像

そして、材が決定しました!

画像

選定した材は、30年モノのホンジュラスマホガニーと、5Aグレードのハワイアンコア!30年ホンマホを使うのはソプラノサイズで、装飾は控えめに、渋い感じのウクレレに仕上がる予定です。

画像

とくにコンサートサイズ用に選定した5Aコアは凄いです!こちらは装飾含め超豪華仕様になる予定です!
画像

いずれのモデルも6月完成予定。細かいスペックや価格、その後の製作状況などは追ってブログにアップいたしますのでお楽しみに!

以上、ウクレレ担当スタッフ西野がお伝えしました。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。