O様オーダー 「Kakumae」が完成しました! ※画像追加

こんにちは、店長花井です。T's Guitarsが手がけるウクレレのNewブランド「Kakumae(カクマエ)」。5月にオーダー頂いたO様のコンサートウクレレが遂に完成しました!

O様オーダーKakumae完成!

T's Guitarsさんから素敵に撮られた画像が届きましたので、追加でアップします。

画像

画像

画像

画像

画像

以上5枚、T's Guitarsさんからの画像でした。

ボディには杢目の美しいハワイアンコアをセレクト

画像

画像

バック材も鮮やかです!
画像

ウッドバインディングが良い感じでアクセントになってますね
画像

ヘッドの「K」は、拘りのターコイズ
画像

ローゼットも・・・
画像

ポジションマークも・・・
画像

ペグはプラネタリーギア機構を採用したGOTOHのUPTL
画像

ハードケースに収まって、O様の元へ・・・
画像

ウクレレ未経験のO様。「せっかく始めるなら、世界で1本の自分だけのモデルで始めたい!」との熱い想いでKakumaeをオーダーして下さいました。正直「お手頃」とは言い難い価格ではありましたが、ご自身の拘りを詰め込んで製作されたオリジナルモデルですから、きっと末永く愛用して頂ける事と思います。「何か楽器を始めてみたいんだけど・・・」と足踏みしている方、ウクレレを始めてみてはいかがですか?当店では、初心者の方でも気軽に始めて頂ける入門モデルから上位モデルまで幅広く取り揃えておりますので、まずは店頭で実際に見て、触れて、弾いてみて下さい。スタッフが”お客様にピッタリのウクレレ選び”のお手伝いをさせて頂きますので、どうぞお気軽にご相談下さいね。

長きに渡って追いかけて来た、N様とO様のオーダーウクレレ。ざっとではありますがオーダーから完成に至るまでの流れをご紹介させて頂きました。普段はなかなかウクレレ製作の過程を見る機会など無いと思いますので、今回の記事で少しでも楽器製作の裏側を楽しんで頂ければと思います。今後は「Kakumaeウクレレ 松本店ショップオーダーモデル」なんてのも実現できたら・・・と密かに企んでいたりしますので、その時はまたこちらでご案内させて頂きますね。

以下、前回更新記事

画像  画像

N様オーダーKakumae完成!

Kakumae BC2G/CST(テナーサイズ)

ボディは極上のハワイアンコア
画像

ブリッジはKakumaeオリジナルの「00Tune(レレチューン)」
画像

バック材の存在感も尋常ではありません!
画像

ヘッドの「K」はアバロンで装飾
画像

ペグはプラネタリーギア機構を採用したGOTOHのUPTL
画像

指板はローズウッド。ポジションマークはギターと同様のポジションに打たれています。これは今回、ギタリストであるN様が最もこだわったポイントでもあります。
画像

どうですか!この佇まい!
画像

専用ハードケースが付属します
画像

オーナーのN様。颯爽と構えるその姿は、さながらYOUNG GUITARの表紙を飾る○ンペリテリのようですね!
画像

本日発売となった「島村楽器限定デザインぐでたま」のトートバッグを手に、帰途につくN様。今夜は弾きまくり・・・ですね!
画像

ちなみに今回オーダー頂いたこちらのテナーウクレレですが、だいたい諭吉さん20人程で製作可能です。これだけの厳選されたスペシャルな木材を使用しつつ、オーナーさんのご要望も各所に盛り込んで製作された世界に1本のオリジナルウクレレ、という事をふまえると個人的には「コストパフォーマンスに優れたモデル」という印象を受けました。これから弾き込んでいく事で、ますます豊かな響きを奏でてくれるように成長していくことでしょう。楽しみですね!

おまけ

実はN様。オーダー品が届く前に更にもう1本、Kakumaeウクレレをご購入下さっていたんです!こちらはブランド立ち上げ前に製作されたプロトモデルのOS2。オーダー下さったBC2Gとのキャラクターの違いを存分に楽しんで下さいね。

Kakumae OS2/PROTO(コンサートサイズ)

画像
画像
画像

N様のテナー

ぷっくりとしたボリュームあるボディは、サウンド面での効果は勿論の事、ルックス面においても極上ハワイアンコアの魅力を存分に楽しめるゴージャスな仕上がり!
画像

O様のコンサート

ヘッド、指板、ローゼットのターコイズ装飾がお洒落。N様のコアとはまた違った面構えですが、こちらも魅力的な杢目ですね。塗装される事によって更に立体感が増してきます!
画像

どうやらN様のテナーの方が先に完成を迎えそうな雰囲気です。次回更新をお楽しみに~♪

普段は柔和なお2人も、いざ製作となると、なかなか近寄り難い雰囲気です(いい意味で、ですよ~)

画像
画像

O様のコンサート

ローゼットには、拘りの「ターコイズ」
画像

Top材の裏側って、こんな造りになってるんですね~
画像

画像

ボディが完成

画像
画像

N様のテナー

こちらのローゼットはアバロン。立体感ある杢目との相性はバッチリですね!
画像

N様オーダーのテナー

美しすぎて言葉も出ません・・・。極上のハワイアンコアです。
画像

O様オーダーのコンサート

画像
揺らぎのある特徴的な杢目が魅力的ですね。こちらもハワイアンコアです。

ボディ

画像
左がテナー、右がコンサート

ネック

画像
N様はギターと同様のポジションにインレイをレイアウト。
O様はご自身の誕生石「ターコイズ」で装飾。

ネック形成前

画像
O様オーダーのコンサートとN様オーダーのテナー。ヘッドの部分に「ホンマホ」って書いてありますね。そう、ネックには今や希少材ともなりつつあるホンジュラスマホガニーを採用。ここから5~6工程を経てネックが形成されていきます。

荒取り(あらどり)

画像
画像
少しネックっぽくなりましたね。これは「荒取り」という段階。なぜ一気にネックの形にしてしまわないのか?皆さんお分かりになりますか?木材はしっかりと乾燥を管理して楽器に最適な状態にした上で製作に入りますが、実は製作の途中段階でも少なからず「反り」や「ねじれ」といった、いわゆる「狂い」が発生する場合があるんです。それゆえに、少しずつ工程を進めては狂いを見て、必要があれば修正して・・・という繰り返し。クオリティを求めるがゆえの、このひと手間。楽器製作とは、そういうものなんです。

こうして普段なかなか見る機会の無い製作の過程が見られるのは、とてもワクワクしますね!この2本、完成は8月中旬の予定となっています。また続報があれば、ご紹介しますね。この記事を見てウクレレのオーダーに興味を持たれたそこのアナタ。どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にお問い合わせ下さいね。「オーダーするほど弾けるわけじゃないし・・・」なんて思わないで下さいよ。実は今回オーダー下さったO様は、これからウクレレを始めてみようという初心者さんなんです。「せっかく始めるなら、自分だけの特別な一本で始めたい!」との熱い想いでオーダーして下さいました。

T's Guitars製のウクレレ「Kakumae」は7月11日から期間限定で展示しますよ。信州ギター祭りの期間中は、T's Guitarsの方もいらっしゃって下さるので、ウクレレに興味がある方はぜひ足をお運び下さいね!
第6回信州ギター祭り

T's Guitars製ウクレレ「Kakumae」

発売から間もないKakumaeですが、実は既に当店でお2人のお客様からオーダーを頂いています。地元パワーをフル活用!全国どこのショップよりも先駆けてのオーダー。進捗状況が気になるところなのですが・・・先ほどT's Guitarsのウクレレ担当井上さんからお客様オーダー品の画像が送られて来ましたので、こちらでご紹介させて頂きますね。

O様オーダーのコンサート

画像
左の画像はヘッドの表材。5Aグレードのハワイアンコアですよ!杢目が鮮やか過ぎてヨダレが止まりません・・・。よく見ると、うっすらとヘッドの形状が描き込まれていますね。O様のご要望でヘッドの「K」はこの後ターコイズで装飾されます。右の画像は指板材のローズウッド。こちらにもターコイズのポジションマークが入ります。

※イメージ画像
画像
こんな感じですね。

完成は8月中旬~下旬との事。ご注文から約3ヶ月程でお手元にお届けという事になりますが、オーナーさんとしてもワクワクして待っているのも楽しみのひとつなんではないでしょうか?

7月はKakumaeお披露目フェア

7月はKakumaeお披露目フェアを開催。7月18日~21日の日程で開催される第6回信州ギター祭りの会場でも手にとってご覧頂く事ができますよ。信州産ウクレレの魅力を是非とも体感下さい!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。