お客様オーダーSugi Guitarsのご紹介

こんにちは、店長花井です。今年の7月に開催された第4回信州ギター祭りの際にオーダー頂いていた松本市在住 K様のギターが遂に完成しました!製作途中の様子は・・・こちら

塗装前の仮組み状態

DH496M

オーナーK様のご要望で「ネックシェイプ確認」の為にこの状態の物をSugi Guitarsの杉本龍吾さんが持ってきて下さいました。細かいご要望にお応えできるのは、地元ならではのメリットですね!この状態から約一ヶ月の時間を要して遂に完成!

DH496M

DH496M

ボディトップ材はイースタンカーリーメイプル。カラーは杢目を活かしたヴィンテージヴァイオリン。

DH496M

メイプルの指板上には、Sugiのトレードマーク「コウモリ(アバロン貝)」が飛んでいます

DH496M

ヘッドにも鮮やかなアバロンロゴ

DH496M

全体的には落ち着いた雰囲気ですが、見る者を惹きつける”何か”がこのギターには宿っていますね!

DH496M

出来上がったばかりの愛器を早速試奏。写っていませんが、思わずニンマリしていたK様の表情が印象的でした。

K様、試奏中

K様、試奏中

アバロンのSugiロゴ

大満足のK様

実はK様、今回のオーダーが2本目のSugiなんです。底知れぬ魅力に引き込まれてしまい、1本目とは違ったテイストの2本目をオーダーしてくださいました。正直お手頃な価格とは言えない「国産ハイエンドギター」ですが、ご自身の要望が細部にまで反映された【究極の1本】を皆さんもご検討してみてはいかがですか?

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。