松本店スタッフの愛器紹介 Vol.7 ウクレレ担当 西野

こんにちは!「松本店スタッフの愛器紹介」第7弾はウクレレ担当 西野です!

スタッフ西野

私は3歳から中学にあがるまでバイオリンを習っていて、中学に入ってからはフォークギターを弾きはじめ、中2でバンドを組むためにエレキを始めました。ウクレレを弾きはじめたのは社会人になってからで、今から5年くらい前だったと思います。きっかけはブルームーンカルテットというジャズ・バンドのギター/ウクレレ奏者、富永寛之さんの演奏に衝撃を受けたからです。しばらくぶりにウクレレがマイブームとなった今年の夏、ついに家宝クラスのウクレレをゲットしました!作っていただいたのは、ハイエンドのアコースティックギター/ウクレレ/フラットマンドリンを製作している上田市の「Sumi工房」さん!

Sumi工房製 ソプラノウクレレ (Martin Style 5Kレプリカモデル)

S-UK 5K

【仕様】

  • ボディ :ハワイアンコア
  • ネック: セドロ
  • 指板 : エボニー
  • ブリッジ : ハワイアンコア
  • ペグ : GOTOH UPT

 

【気に入っているところ】

なんといってもこのゴージャズなお顔立ち!すばらしい杢の出たカーリーコアは溜息が出るほどの美しさです。見た目だけじゃなく、音色も本当に素晴しいんです。コロコロっとしたウクレレらしいハワイの音がしますし(私はハワイに行ったことありません笑)、音量も響きも抜群!良い楽器って、ずーっと弾いていたくなるんですよね。ケースにしまって5分後にはまた出して弾いてしまう、そんな楽器です。笑

 

【こだわりポイント】

私がこだわったポイントは5Aクラスのカーリーハワイアンコアを使っていることと、ボディシェイプがマーチンスタイルというところです。が、このウクレレには他にも随所にこだわりが散りばめられているんです。ペグにGOTOHのUPTを採用する事でチューニングがしやすく、音程も安定しています。塗装もラッカーを薄く塗ってあるので楽器の響きを妨げません。軽量なセドロをネックに使うことでヘッド側が重くならずとても構えやすいです。弦は、購入時に張ってあったAquilaからWORTHのクリアに替えてあります。

 

【お気に入りの愛器でよく弾く曲は?】

富永寛之さんの影響でウクレレを始めたので、ジャズ・スタンダードを弾くことが多いです。これからウクレレでジャズをやってみたいという方におすすめの楽譜は、富永寛之さんの「ジャズアレンジでたのしむソロ・ウクレレ映画音楽集」と、キヨシ小林さんの「ウクレレ・ジャズ」です。ゆくゆくはセッションでアドリブができるレベルまで上達したいと思っています。

川原でウクレレ

気軽に外に持ち出せるのもウクレレの魅力!

 

【オーダーメイドウクレレ、ご相談下さい!】

Sumi工房のウクレレ(もちろんアコースティック・ギター、フラット・マンドリンも!)が欲しい!またはオーダーしたいという方いらっしゃいましたらお気軽にご相談下さい!

鷲見英一さん

Sumi工房の鷲見英一さん

 

バックナンバーはこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. いしだ より:

    西野さん
    こんにちは!
    ウクレレ与太話はまだですか???

    1. 石田様
      与太話のリクエストありがとうございます!
      ずっと滞ってしまっていて申し訳ございません、、
      内容のリクエスト等ございましたらお知らせください。
      西野

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。