松本店スタッフの愛器紹介 Vol.1 店長花井

花井自慢の一本

こんにちは、店長花井です。「スタッフの愛器紹介?なんだ?ただの楽器自慢か?」と突っ込まれそうな気もしますが、まぁ、当たらずとも・・・といったところです・・・。いや本当のところは「いったい楽器屋の店員は、どんな楽器を使ってるんだ?」と興味がある方もいらっしゃるようなので、これから数回に渡って松本店スタッフが愛用している楽器たちをご紹介していこうと思います。記事の中に「独断と偏見」が色濃く現れてくる可能性がありますが、その辺りを加味した上で読んで頂ければと思います。それでは第一弾は私のギターからスタートです。

HISTORY SH-L2 (2002年製造 生産完了モデル)

HISTORY SH-L2

日頃店舗でお客様とお話しさせて頂いていると「ところでギターってなに使ってるんですか?」と逆に質問される事があります。中学時代にテレビで観た聖飢魔IIとの出会いがキッカケでギターを始めてからウン十年。これまでに何本ものギターを手にしてきましたので(しかもその殆どが手元に残ってたりします)「何を使ってるの?」と聞かれても「コレです」と即答できないのが正直なところです。どれも思い入れがある大切な相棒たちですからね。とはいえ「その中でも最もお気に入りの一本は?」と問われたら、私は迷わず今回ご紹介するこのギターを挙げるでしょう。

HISTORY SH-L2

【仕様】

  • ボディトップ : 圧縮 AAAAキルテッドメイプル
  • ボディバック : ホンジュラスマホガニー
  • ネック : ホンジュラスマホガニー 1P
  • 指板 : ハカランダ/フレイムメイプル・バインディング (カスタムショップ仕上げ)
  • ロッドカバー : ハカランダ
  • ポジション : アバロンインレイ
  • フレット : サークル・フレッティング・システム 22F
  • ジョイント : セットネック(ヒールレス・ディープ・ジョイント)
  • ナット : 牛骨オイル漬け
  • ペグ : ゴトーSD90-SLP2(ブラウン仕様)
  • ブリッジ : ゴトーGE104B(ブラスサドル)
  • テールピース : ゴトーGE101AM(アルミ)
  • ピックアップ : LOUIS / FH-1M(Front),FH-2M(Rear) アルニコ#5
  • コントロール : 2VOL,2TONE,3WaySW
  • コンデンサー : VITAMIN-Q
  • カラー : AB(アンティークバースト)

ハカランダのトラスロッドカバー

ハカランダ指板&アバロンインレイ

【愛器との出会い】

私が島村楽器に入社した当時(2002年)の新製品として発売されたこのモデル。圧倒的な存在感を放つそのルックスに一目惚れ。ギターを始めてから一貫してフロイドローズタイプのギターを使い続けて来た私が初めてのLPタイプのギターを「欲しい!」と思った瞬間でした。もちろん見た目だけで決めるつもりもなかったので、ちゃんと試奏してから購入しましたよ。

【気に入っているところ】

  • 製作した工場の方が「これはやり過ぎちゃったかなぁ~」と言っていた極上のキルテッドメイプルトップ
  • シャープかつタイトなサウンド
  • 弦高の低さ

【もう少し何とかならないかなぁ、と思っているところ】

特にありませんが、あえて挙げるなら「重さ」です

【こだわりポイント】

  • ゼブラPU&ウッドエスカッション

ゼブラPU&ウッドエスカッション

PUのテイストは気に入っていたので別のPUにする事なく同品番でゼブラタイプに交換しました。エスカッションは当初クリームカラーでしたが、2年ほど前に某所にてこのウッドタイプを発見し即買い。

  • ブラス製のトグルSWツマミ

トグルSWのツマミはブラス製

エスカッションを交換した事でクリームカラーのツマミが妙に浮いて見えたのでブラス製に交換。

  • ハカランダのバックパネル

ハカランダのバックパネル

最近、某工房にて作って頂きました。見えないところのお洒落!?

  • LiveLineの桜柄ストラップ

桜柄ストラップ

なんとなくこのギターには「和」の雰囲気が似合うような気がします。このストラップはスタッフ小池がこちらのページで紹介しています・・・松本店商品紹介ページ ストラップ

ピック

標準三角型より少し小さめの中三角型。こいつと出会った事で、これまで長きに渡って続いていた「ピック探しの旅」に終止符だ!と思える位しっくりきています。

【お気に入りの愛器でよく弾く曲は?】

基本的にはHR/HM大好き人間なので、弾くのはそっち系ばかり。このギターを手にするとやはり自然とザック的なアプローチになりがちです。最近はドロップチューニングにハマりはじめています(今さら???)

以上、長々と書いてしまいましたが、私の最愛のギターをご紹介させて頂きました。思っていた以上に「自己満足」的な内容になってしまいましたので否定的なご意見をあろうかとは思いますが、私としては「楽器屋の店員は、こんなにも楽器が大好きなんですよ!」という事を改めて皆さんに知って頂ければと思っています。さてさて、VOL.2はどのスタッフが登場するでしょうか?以上、店長花井でした。

バックナンバーはこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. シンフォノイズ 平出 より:

    まず、この企画を教えてくれた松本店最高ですd=(^o^)=b この先出てくる機材が楽しみです(^-^)
    そして、ギタ-製造の地にふさわしい位素晴らしいギターをお持ちの店長!素敵です☆
    ボディー材、指板材ともに最高峰のギターですねっ♪
    キルトの芽を潰さず、高級感を引き立てる自然なバーストが素敵です☆
    ウッドパネルも渋くて羨ましい限りの1本すね♪
    今度弾かせてください!そして…ください(笑)!!

  2. 花井 より:

    平出さん
    コメントありがとうございます!
    ふとした思い付きで始めてしまったこの企画ですが、喜んで頂けて嬉しいです。
    私自慢の1本、是非とも弾いてやって下さい。
    差し上げられませんけど・・・
    今後、継続して毎週スタッフが交代で掲載していきますので、どうぞお楽しみに!

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。