【信州ギター祭り】フジゲンショップオリジナルモデル製作過程

フジゲンショップオリジナルモデル製作過程報告したします。

皆様こんにちは!松本周辺は梅雨入りしたというのに雨が少なく、女性スタッフとブタクサ花粉アレルギーの話題で盛り上がったアレルギー体質のギター担当太田です。今朝フジゲンさんからFUJIGENショップオリジナルの製作過程の連絡と画像を頂きました。早速皆様にもご報告です。

フジゲン2本

シースルーブラックとシースルーレッドが仲良く並んでます。塗装前とはいえど木目が鮮やかに映えていますね。フロントP.Uにゼブラカラー、フロントP.Uにはニッケルのカバードがのります。どちらもギブソンの’57クラシックです。想像するだけで鳥肌が立ちます。

sbk

シースルーブラックのモデルはキルテッドメイプルですがご覧のとおりイヤらしさのない綺麗な木目です。

srd

シースルーレッドのタイガーメイプルです。シースルーレッドに合うメイプルをフジゲンさんご協力のもとで探し出したかいがありました。非常に美しく仕上がる事が期待できます。(P.UがEMGになるところも魅力です。)

srd2

こちらの角度からも木目が美しい!これからの進捗も楽しみです。全体的に色薄いなあと思っていましたがあくまで「塗装前の生地着」の作業報告でした。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。