T's Guitars工房探訪 Vol.1

皆さんこんにちは!毎年「初の花粉症発症」にビクビクしながら春を迎えている店長花井です。どうやら今年も大丈夫そうです。それはさておき、本題です。最近ギター工房ネタが多い松本店のシマブロですが、またまた工房探訪シリーズをお送りします。今回はT's Guitarsさん。松本市のお隣り塩尻市に拠点を構え多くのハイエンドモデルを世に送り出している少数精鋭のギター工房です。2月に開催した「信州ギター祭り」以降、ますます地元愛が高まりつつある松本出身の花井ですが、自宅から車で30分圏内の所に多くの工房や工場が点在しているこの環境に、今さらながら「恵まれているなぁ」としみじみ。すみません、前置きが長くなりましたね、では早速工房の様子をレポート致します。

松本パルコ店から車で約30分。T's Gutiarsさんに到着です。

T's Guitarsさんに到着

オフィスの壁にはウクレレからアコースティックギターまでのラインアップがズラリ。

ギターがズラリ

米国Buzz Feiten社公認ショップの証。詳しくはこちらバズフェイトンチューニングシステム

バズフェイトン

早速、松本店の店頭に並ぶギターに関して打ち合わせ。ご紹介が遅れましたが、メガネの方がT's Guitars代表の高橋さんです。

打ち合わせ中

ひと通りモデルの詳細打ち合わせが終わり、工房内の見学に。こちらではネックの製作中。

ネック製作

こちらはウクレレのネック。T's Guitarsさんといえばウクレレも有名ですね。

ウクレレのネック製作

手作業でボディのペーパーがけ。作業台には穴が開いており、ここから木屑を吸引しています。効率的な作業台ですね。

ペーパーがけ

ウクレレが吊り下げられたこちらの部屋は・・・

塗装ルーム

塗装ルームです。

塗装ルーム

こちらは各モデルを製作する際に使用するテンプレート。かなりの数がありました。

テンプレート

まだまだ工房探訪は続きますが、本日はここまで。Vol.2は4月1日更新予定です。お楽しみに。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 島村楽器 松本パルコ店 花井 より:

    本日Vol.2を更新予定でしたが、システムメンテナンスのため本日更新ができません。
    4日に更新いたします。よろしくお願いします。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。