清水の、これ使ってみんけん~Vol.5~【管楽器ブログ】

第5回管楽器ブログ、こんにちは!

本日はこちらの商品をご紹介致します!

クロス

クロスはどの楽器を選んでも必要となります。ただ、種類が豊富なので選ぶ時は注意して下さい!

ポリッシュが浸透していないクロス

種類は、マイクロファイバー製・ネル製・オシャレなクロスと様々です。

空拭きで使ったりポリッシュを付けて磨いたりするクロスです。

ポリッシュが浸透しているクロス

シルバーポリッシュが浸透しているクロスです。これは楽器によって使うポリッシュが違うので注意が必要です。

EMUL SUEDE CLOTH(スエードクロス)

シリコンや複合物、化合物を含んでいないので、ラッカー塗装の楽器にも使用できます。

History キョンセームクロス

全ての楽器に使用でき、鹿の革でつくられております。普通のクロスだと、指紋や汚れがのびて綺麗に拭き取れない時もありますが、キョンセームクロスは表面はつるつる素材、裏面がザラザラしています。最初にザラザラの面で楽器を拭いていただき、最後につるつるの方で拭いてもらうとより綺麗になります。ちなみに私はキョンセームクロスを使用してます。

どうですか?クロスでもこんなに種類があります。お持ちの楽器の特徴に合わせて使ってみてください!

また、分からないこと・お手入れの仕方でご不明なことがありましたら、当スタッフまでお声がけ下さい。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。