ダダリオ「XSシリーズ」試してみた

こんにちは!

島村楽器けやきウォーク前橋店アコギ担当の西田です!

今回は新発売のダダリオ弦「XSシリーズ」を、私が個人的に試した感想を書いていきます!

「XSシリーズ」とは

D'Addario『 XS シリーズ 』は、これまでのコーティング弦というカテゴリーに新風を吹かせる製品です。 すべての巻弦に超極薄フィルムコーティングを、プレーン弦には独自のポリマーコーティング処理を施し、汚れや劣化を促進する物質から弦を保護することで業界最高レベルの長寿命を誇る、これまでのコーティング弦を超えた革新的なギター弦の誕生です。(公式HPから引用)

簡単に言うと、コーティング弦なのに特有のツルツル感がないよってこと。

あのツルツル感は好き嫌いが分かれるので、あんまり好きじゃないという方には「XSシリーズ」はとてもオススメです。

実際の感想

いつも私が使っている弦はエリクサーのフォスファーブロンズライトゲージです。

メーカー 型名 価格(税込)
Elixir 16052 ¥2,310

今回はゲージと種類が同じ「XSAPB1253」を張っていきます!

メーカー 型名 価格(税込)
D'Addario XSAPB1253 ¥2,112
①張り立て

張り立てなのにすごく音が馴染む!

エリクサーの時は、張り立ての音がキラキラしすぎて少し扱いが大変でしたが、

ダダリオは最初から100%の音という感覚です。

張り立てを比べると今まで張った弦の中で1番良いかもしれません!

②音色

まとまりのある音色で、低音から高温までバランスよく鳴ってくれるので、ストロークや弾き語りにはとても適していると思います。

ただ、エリクサーと比べて低音が弱めなので

ベース音をしっかり出したい方はエリクサーの方が良いかもしれません。(※個人の感想と私のギターの場合です。)

③寿命

弦の寿命はエリクサーの方が1.2週間長かったです。

しかし、私が弦と相性の悪い手汗の持ち主である事、毎日2時間程ギターを弾いていたことを考えると、かなり頑張ってくれたほうだと思います。

まとめ

音色にこだわるならダダリオ「XSシリーズ」、寿命にこだわるならエリクサーを選ぶのが良いと思います。

張り立てから惚れ惚れするバランスの良さなので、ギターをいい音色で弾きたいという方は1度「XSシリーズ」をお試しください!!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。