11/24【南澤大介はじめてのソロギターセミナー】レポート

こんにちは!厚木です。

11/24(日)に行われました南澤大介はじめてのソロギターセミナーのレポートをお届けします!

南澤大介さん登場!

今回は南澤大介氏とJamesのコラボが実現したJ-AC/DM南澤大介シグネイチャーモデルのギター持って登場です。

大きな拍手でお迎え!まずはジブリの曲を2曲演奏を披露していただきました。

セミナースタート 

ソロギターに必要な道具やスタイルについて、ソロギターとはどの様に弾くのか解説が始まります。

アルペジオの奏法やカポタストの利用方法、足台を使った演奏スタイルについてをレクチャー。

人前で弾く事が目標であれば同じスタイルで日々練習すると言ったお話しからサザエさん50周年を記念してなのかサザエさんのOPを披露!


アルペジオを基に創るソロギターアレンジの解説

弾き方についてアルペジオを基に曲をソロギター演奏にアレンジして行くのですが。

ここでセミナー参加者の皆様からお題を頂くと、スティング率いる伝説のロックバンドポリスの曲をリクエスト!想定外のお題に対しスマホで曲検索!

ここからが凄い「この曲ですか、難しいですね」と言いつつ一瞬聞いただけでコードとメロディーパートを探し出す南澤さん。

アルペジオを基に作りますと解説が始まり、まずはベースパートを拾いメロディーを加えて行きます。

曲を2回・3回と探しながら弾くと、だんだん形になって行きます。

「メロディーのないパートはアルペジオでコード進行を埋めて行きます」と解説が終わると完成!凄すぎます!

爪のケアにいついて

参加者の方から爪でピッキングしなくてはダメなのか?と言う質問に爪が良いと言う訳でなく

大切なのは出したい音色であり、自身は爪で弾くクラシックギターの奏法がスタイルなので爪で弾いている。

また、演奏すると爪の断面が弦にこすれ削れてくるので、こまめにヤスリで爪を滑らかにし、更に強度を保つためのコーティングを行っている。

ネイル系のお店で買うのだが男性だと少し恥ずかしい所もあるのでお店にはギター演奏の為にコーティングしたい!と言っているそうです。


Q&A

事前に記入して頂いた質問を中心に解説が続きます。

音叉によるチューニングの仕方、その際ハーモニクスを綺麗に出す方法。

ソロギターを始めるにあたり、お勧めの曲は?の質問に「好きな曲を一生懸命頑張って下さい。」

「でも、何からチャレンジしたら良いか判らない時はソロギター入門の本内容で始めれば良い。」

「入門に最適なアレンジや人気のある曲を構成してあるので一番良いのではないでしょうか?」

南澤さんCDや著書について

今回のイベントタイトルでもある【はじめてのギターソロ入門】や過去の著書・CDなどご紹介頂き最期にスピッツやレッドツェッペリンの名曲を披露頂きました。


これからソロギターを始めたい方へ

南澤さんから参加者の皆様に「最初はなんとなく弾いてみて下さい、なんとなく弾ける様になった方が良いです。」と言うアドバイス。

皆様も是非!最初はなんとなくで良いので是非チャレンジしてみて下さい!

最後に記念写真!

最後は皆で記念写真!

James J-AC/DMご紹介

今回のセミナーで使用された島村楽器オリジナルブランドJames J-AC/DMは

南澤大介さんシグネイチャーモデルとなっています!

南澤さんの演奏スタイルに細部まで拘ったギターでソロギターを始めたいと言う方には

ピッタリのモデルではないでしょうか。

ありがとうございました!!

今回もたくさんのお客様に楽しんでいただけました!

また次回も皆様よろしくお願いします!!


以上、厚木がお届けしました~!

お問い合わせ

店舗名 けやきウォーク前橋店
電話番号 027-210-6350電話をかける
担当 厚木(あつぎ)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。