【教室講師ブログ】クラリネット科木下先生~《クラリネットとの出会編》~

画像
こんにちは。
クラリネット科講師の木下真由美です。

ベース科の大沢先生に続き、
私もこの度ブログデビューをすることとなりました!
初めてのブログ記事は私のクラリネットとの出会いを何回かに分けてお話ししたいと思います。

名付けて…《クラリネットとの出会編》part1

さかのぼること二十年・・・(泣)
私は小学校のクラブ活動でバトミントンクラブに入っていました。
理由は“お友達に誘われたから”
本当は音楽クラブに入りたかったのに、
お友達の誘いを断れず仲良しグループでバトミントンクラブに入ったのです。

バトミントンは好きでしたよ!好きだったけど・・・

音楽クラブが運動会やセレモニーの時に演奏するたびに、
いいなぁ楽しそうだなぁ。とずっと羨ましく思っていました。
音楽クラブが演奏するときは気付くといつもジローって瞬きもせずに眺めていたんです。
私は友達に合わせてクラブ選びをしたことを後悔しました。

この小学校のときのクラブ活動選びの経験を経て、

“人に合わせて物事を決めるのはもうやめよう”

と、心に決めたのでした。

《クラリネットとの出会編》part2
前回は、小学校での部活選びで反省したお話をしました。
今回は中学に入学したころのお話です。

中学での部活動は誰に何を言われようと自分のやりたいことをやるんだ!
と決意して中学に入学しました。
中学に入ると、お友達からはバレーボール部とバスケットボール部に誘われ、
親にはお金のかからない(笑)陸上部を勧められました。

でも、小学校のクラブ選びでの経験から
これからの人生は自分のやりたいことをやるんだ!”
と心に決めていた私は、友達の誘いも断り、
親にも吹奏楽部に入るという意思を貫きました。

すると親は、じゃあ吹奏楽部に入るのでもなるべくお金がかからないようにと、
今度は楽器はトランペットがいいんじゃないかと勧めてきました。
でも私は心に決めていました。
“やりたい楽器も自分で決める”って

私は仮入部の期間中の毎日欠かさずに吹奏楽部だけに通いました。
最初の数日で全部の楽器を一通り試して、
すべての楽器を一通り試した後、
一番自分に合っているなぁと思ったクラリネットで希望をだすことに決めました。

残りの仮入部の期間はクラリネットパートだけに通い詰めて、先輩とも仲良くなりました!
そして、毎日通い詰めていた私はクラリネット希望者の中で一番多くの音を出せるようになっていました。

《クラリネットとの出会編》part3です!

前回は仮入部期間のことを書きました。

いよいよ、仮入部期間が終わり本入部です。
本入部初日、楽器決めがありました。
私はもちろんクラリネットで希望を出しました。
顧問の先生がクラリネット希望の一年生の中で一番上手なのは誰だ?
と聞きました。
すると先輩が私の名前を挙げてくれたのです。

じゃあおまえはオーボエをやりなさい。

?????

私も先輩も頭がはてなマークで埋め尽くされました。
先輩はきっと
なんでオーボエなの?という意味で
私は
オーボエってなんだ?という意味で(笑)
そうです。当時私の中学校にはオーボエパートがなかったので
仮入部期間に全部の楽器を回ったはずなのに

やったことも見たこともましてや名前も初めて聞くような楽器の担当になってしまったのです!

つづく。


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。