【教室講師ブログ】ベース科大澤先生~けやきセッションクラブに行ってきました編~

画像
こんにちは。ベース講師の大澤です。

お世話になっております。
画像
ホットライン東京エリア グランプリの海老原 瞬(右)と
ギター講師 工藤さん(左)
小岩にて楽しいい会合w

島村楽器でレッスンをし始めて、今日で一年が経ちました。
嬉しいことに順調に生徒さんも増えて、楽しくレッスンさせていただいています!
一年経って気づいたことがあります・・・。
生徒さんはベースを習いにくる!
そのほとんどの方が
画像
技術面である「弾き方」「構え方」「リズムの取り方」
学習面である「楽器の取り扱い」「楽譜の読み方」
を知りたいとか
画像
弾きたい曲のTAB譜を見てその曲が弾けるようになりたい!
っていうところを皆さん求めてくるんです

でもね・・・

そこって入り口にすぎなくて
もっともっと音楽(楽器を演奏する)
ってのは、深いものなんだということを知っていただきたい
と思っているんです

残念ながら日本の音楽教育は
楽譜を見て合唱したり、演奏したり
♩が「タン」とか
♪♪が「タタ」とか
って教えるでしょ?

人の曲をその音源(楽譜)通り弾く為の教育
それで満足ならそれでいい
だけど、
「もっと先のステージがある!」
ってのを知っていてもらいたい!

もし、あなたがバンドに加入して、オリジナル曲に
ベースラインをつけることになったら
どうやってつけますか?
または、オリジナル曲を作曲することになったら
どうやって作りますか?
画像
↑とある楽曲のコード譜(僕らミュージシャンはこれで演奏します)

一般的に
音楽にはメロディがあり
それに対するコード(ハーモニー)があり
リズムがあって成り立っています
ある程度のコード理論やスケールの知識がなければ
いい曲を書くのは
半端なく耳が良いか
天才でもない限り

不可能!

もう断言します・・・

不 可 能 !

というわけで、
前橋店には
「けやきセッション クラブ」
http://maebashi.shimablo.com/entry/2018/04/30/134337
というものが発足いたしたようで
ここでは、
コード進行を決めて(決めない場合もあるけど)
そこに会したミュージシャンが思うままに
ドラマ(一曲)を作り上げていく

僕は「VIP」会員になりましたw
まあ、オブザーバやれってお達しですね…

さてさて
もちろん
演奏技術だけではない
コードやスケールの知識
リズムのバリエーション
などの、即興で一曲を完成させるための
「ボキャブラリー」
が、必要になってくるわけで
それが乏しい参加者にはできることは少なく
悔しい思いをするでしょうね

で、上手くなる人は
また勉強して次回挑戦する

プライドが傷つくのが嫌で
帰って勉強もせず、次回挑戦しない人は
下手なまま

仕事だって、恋愛だってなんだってそうだよ
ビビってたらすぐ年取るよ
まあ実際のところは
和気あいあいとしたクラブなので
失敗を恐れず、わからなければ
上手い人にどんどん質問できる
そんな空間です

周りのバンドマンとは一線を画したければ
すぐにでも参加すると良いでしょう!!
で、その場で解決できない課題は
僕のところに通ったらいいでしょう!!!

https://www.shimamura.co.jp/shop/maebashi/koushi/20170727/70

よーし!
先生がなんでも教えてやろーう!!!!

てな訳で、
次回「けやきセッションクラブ」は
6月24日(日)18:00~20:00
だそうです
ぜひ遊びましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。