【小林一三】至高の一本、アーチトップ“JAZZ”のご紹介

小林一三による至高の一本、遂に入荷

東京都町田市に工房を構える名工、小林一三。
クラシックギターを中心に製作を行っており、現在当店でもアコースティックギターやエレガットを取り扱っており、その優れた技術によるクオリティの高さから非常に好評を頂いております。
数々のわがままなオーダーに対しても応えてくれ、毎度そのクオリティの驚かされてきました。
一三氏にアーチトップの相談をしてから5年、遂にその日が来ました。

その技術で世界を驚かせたのはアーチトップでした

今も一人きりで製作を続ける一三氏は、町田市にある茶位工房にて技術を磨いたのちに独立。
茶位工房時代よりアコースティックやアーチトップを製作し、その技術はお墨付きでしたが、独立後は当時世界一のジャズギターと呼ばれていたギターメーカーから最高峰ラインの製作を任され、多数の名器を製作。その技術を持って世界を驚かせてきました。

完全手工品だからこそのクオリティ

一三氏のアーチトップは、全てマスターグレードの木材で構成されています。
すべての木材を自身で目利き買い付けを行っており、どの木材も美しいものばかり。
全て一人で、一枚の分厚い板を削り出しで製作をするので完成まで相当な時間を要します。
国内ではほぼほぼ出回っていない、小林一三アーチトップギター、最近デジカメを購入した一三氏自身に取って頂いた写真も含めて、写真多めでご紹介します。

小林一三/JAZZ

伝説的製作家であり、D'Angelicoの愛弟子であるD'aquitoの名作「Solo」をオマージュしながらも、ダウンサイジングしつつより現代的仕様に落とし込みました。
抱えやすく、取り回しの良い15.5インチモダンフルアコサイズ。
木材以外のパーツを極力排除した、後期D'aquitoスタイルを踏襲し、一三氏の「木材」を活かした仕様です。

トップ材

トップ材はマスターグレードのジャーマンスプルース単板削り出し。
画像は完成前なので薄く見えますが、実際は分厚い板材から丁寧に手作業で削ってこの厚みにしています。
絶妙な力加減と工具を使い分け、木材の状況を見ながら繰り返し削ることによって綺麗なアーチに仕上げています。
実際に削る作業を見させていただきましたが、途方もない回数削らないとアーチにすることは出来ず、当然削りすぎたりしまってはいけないので、その集中力、労力、時間をかけて製作していることが分かります。

サイドバック材

サイドバック材は美しいトラ目の入ったヨーロピアンメイプル。こちらもマスターグレード、単板削り出しです。
画像で分かる通り、凄い木くずの量です。アコースティックギターであれば何枚も取れる厚みの木材を贅沢に使用しています。

ネック

目を疑うような角材、凄い画像です…これがネックになります。
材はもちろんホンジュラスマホガニー。現在ではより安価なアフリカンマホガニーの方が主流と呼べるほど出回っており、ホンジュラスマホガニーの価値も高騰していますが、一三氏はホンジュラスマホガニーしか買ったことないとおっしゃっていました。ここでも木材への拘りが伺えます。
それにしても、ネック1本分のためにこれだけ巨大な角材を使うのは贅沢過ぎます…

ある程度完成したネックはこちら。見慣れた形になりました。
実はネックヒールにも拘りがあり、平型で極力薄くしてもらっています。これによりハイポジションでの演奏がしやすくなります。強度面なども踏まえて、一三氏の塩梅でお願いしました。

ボディ形状

ボディ内部の写真を頂きました。完成後は見る事が出来ないので貴重な写真です。
ブレーシングもさることながら、一三氏のギターはボディ内周を囲むライニングが美しいです。ささくれ一つなく丁寧に作られています。

ヘッド

ヘッド形状は一三氏オリジナルのアシンメトリータイプ。こちらは一三氏がクラシックギターで採用しているヘッド形状の右半分の形を大きくした形状になっています。に羽子板のような扇型ではなく、ヘッド先端に向かって細くなる先細りのような形状にすることでモダンなルックスに仕上がっています。
ヘッドロゴは一三氏の上位機種の証である削りロゴで。
ペグはゴトーのSGS510-ES5-CK。エボニーのペグボタンを取り付けています。Taylor最上位機種をはじめ多くの高級ギターに採用されているゴトー最高峰510シリーズですので、操作性、安定感文句なし。チューニングもストレスなく行えます。
ヘッドの突板もエボニーを使用、トラスロッドカバーもエボニーで作られています。

ヘッド裏にもエボニーの突板。あえてストライプの入ったエボニーを使っています。
ナット材は牛骨、ナット幅は43mm。指板にも真っ黒なエボニーを使用しています。

パーツ各種

ピックガード、ブリッジもエボニー。金属パーツ以外は全て手作りで作られています。

テールピースもエボニー。こちらも手作りです。そして、驚くべきことにテールピース下部の金属プレートと弦のボールエンドがあたる金属部分までも手作り。金属を削り出して作られています。

ピックアップはジャズギターの定番、アメリカ製のKent Armstrong「PAF-O」。ハムバッカーをピックガードにマウントしたフローティングタイプです。

BAMケースが付属

クラシックギターやヴァイオリン、管楽器では馴染みのある高級ギターケースメーカーBAM。
軽量かつ衝撃吸収性能も高く、保温・保湿性にも優れた高強度の素材で作られているので持ち運びはもちろん保管の面でも安心です。
付属のスペーサーを使う事で今回のようなやや小ぶりなサイズ感でもピッタリフィットします。

スペック

ボディタイプ:15.5インチフルアコ構造
トップ:ジャーマンスプルース単板削り出し
サイドバック:ヨーロピアンメイプル単板削り出し
ネック:ホンジュラスマホガニー1P
指板:エボニー
ナット:牛骨
駒/台座:エボニー
テールピース:エボニー
ヘッド突板:エボニー
バインディング:メイプル
ピックガード:エボニー
スケール:24 3/4インチ
ナット幅:43mm
フレット数:22F
ポジションマークインレイ:白蝶貝(サイドのみ)
糸巻:ゴトー/SG510-ES5-CK
ピックアップ:Kent Armstrong USA/PAF-O(1Volume 1Tone)
塗装:ラッカー/半艶仕上げ

お問い合わせ・ご購入はデジマートもしくは担当山川まで

小林一三/JAZZデジマートページ

小林一三工房にて幾度となくミーティングを重ね、遂に製作が実現した1本。ぜひご相談・ご用命等お申し付けください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。