話題のVAD506組み立ててみました。

皆様こんにちは!島村楽器ミーナ町田店ドラム担当青柳です。今回はRoland VAD506を組み立ててみました!ザックリと組み立て風景をご紹介したいと思います。

まずは段ボールから取り出していきます。3個口で来るんですね!(ハイハット・マット・イスは除く)早速開けていきたいと思います。

一つ一つ丁寧に梱包されていますね!段ボールにも型番が書いてあり分かりやすいです。では早速、各キットを開封&セットしていきます。まずはバスドラムから!!

もうカッコいい。サイドに足が2本出ているので伸ばして固定します。ジャンジャン開けていきますよ~!

バスドラムの次はフロアタム!太鼓に三本の足を取り付けて完成!とても簡単でした。

次はタムタムやシンバルをマウントするスタンドです。組み立て用別パーツなどは特になく足を広げてシンバルマウント部を引き出して完成します。三本ありますが一本はライドシンバルをマウントする用なので形状が違います。(画像一番左の物)

シンバルを取り付ける部分にはすでにパーツがついていますので一旦外します。順番はシンバル→フェルト→樹脂ナットの順に取り付けます。

こちらの画像中央L字クランプにタムを取り付けます。

ここまでくると大分ドラムっぽくなってきましたね。ワクワク( *´艸`)次はハイハットです。スタンドは別売なのでお持ちでない方はお買い求めください!

まずリングを取り付けて

ハイハットコントロール

そしてハイハット。このままスタンドに音源を取り付けます。音源は取り付ける際に下準備がありますのでご紹介します。

音源モジュールの裏面に取り付け用の柄と配線パーツを付けます。

これで取り付けできます。次にハイハットスタンドにクランプを取り付けます。

音源も

音源取り付け完成。そして最後のキット!スネア登場です。

カッコいい。※スネアスタンドも別売なのでご注意ください

さあ残るは配線のみです!配線には各キットの名前がついているのでサクサクいきます!全部紹介すると長くなるのでよく質問を頂くポイントに絞ってご紹介します。まず一つ目はハイハットの配線。

HHケーブルはパットへHHCケーブルはコントロールへ接続します。

スネアとライドシンバルは付属のUSBケーブルを使います。写真のように接続し、音源側につけます。

音源側のUSB差込口は3つありますがどこに繋いでも大丈夫です。最後にクラッシュシンバル2です。

こちらも付属のケーブルを使います。

BOW/EDGEと書いてある方に接続し反対側を音源のCRASH2へ接続します。

これで配線も完成…という事は!

ついにVAD506の完成です!なんというカッコよさ。これが自宅にあったら毎日叩きたくなりますね。本機種は音源も最新のTD-27となっており音質や音源用も多く満足できるものとなっております!

いかがでしたでしょうか?自分で組み立てた楽器だと愛着が湧きますね。店舗ホームページでもご紹介しておりますので是非チェックしてみて下さい。Roland VAD506展示開始しました!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。