Bizen Works オーダーモデル入荷しました!

昨年12月に工房で直接オーダーした逸品がついに完成です!

【愛知県春日井市】Bizen Works 工房探訪にてお知らせしたオーダーモデルがついに完成しました!画像沢山で紹介いたします。

Bizen Works Grain Flat Top Black Korina Jacaranda

こちらは非常に大きなコリーナ材から美しい杢目を選んでカットして頂いた一期一会のモデルです。

ところどころ割れや染みなどが発生しており、それを補修することで味のある表情を見せてくれたボディ材ですが、

こちらが、

こうなって・・・

こうなっちゃいました。

ワンピース材を使用しているので杢目が側面でも確認でき、非常に色っぽい一本です。

自然の神秘を感じますね。

こちらは非常にエキゾチックな木の魅力に合わせるために、指板やテイルピース他をハカランダにしています。

年々在庫が減っており、サウンドもルックスも優れたハカランダはなかなか使用が出来ないのですが、そこはBizen Works、非常に素晴らしいものを選ばせて頂きました。コントロールノブもウッド製で、全体的なマッチングが素晴らしいです。

マホガニーに比べ、少し重量と固さがあるコリーナにレスポンスに優れたハカランダを使用しているためサウンド的にも非常に繊細な一本です。音の立ち上がりは早く、抜けの良い特性ですが中音域の艶やかさも同居しており、様々なニュアンスを一本で生み出せます。クランチトーンとの相性がベストマッチでしょうか。

<デジマートリンク>

https://www.digimart.net/cat01/shop5072/DS06139834/

Bizen Works Grain Flat Top "Noon Sky" Quilted Maple Cuban Mahogany Jacaranda

メイプルトップ・マホガニーバック・ローズウッド指板・マホガニーネックの王道の組み合わせながら、フラットトップのためよりストレートなRock系にマッチするようオーダーした一本です。最後に紹介するアーチトップと共通のトップ材を使用しており、国内ではめったに見かけない大きな杢目のキルトメイプルを非常に大きなブロックで使用させて頂きました、贅沢な一本です。

加工前のブロックはこちら。

こちらを加工して、塗装前の状態がこちら。

この時点ですでに深い杢理が確認できますね。更に着色して仕上がりがこちらです。

オリジナルのシースルーブルーですが、アーチトップと対になるため時間帯別の空模様、という事で”Noon Sky"と名付けました。

こちらのモデルにはピックガード、テイルピース、バックパネルにナチュラルのフレイムメイプルを使用しており、全体的に爽やかなイメージでまとめています。また、今回入荷した中では唯一マッチングヘッドにしており、大分印象が変わっています。

指板は他のモデル同様ハカランダをチョイス。硬質な指板がクリアなサウンドを創出します。

ボディバックはトップとのコントラストの為、暗めのシースルーブラックに。写真では分かりづらいですが、柾目のワンピースキューバンマホガニーを使用しています。

フラットトップ且つ柾目のボディバック材を採用したことで、タイトかつクリアなサウンドに仕上がった一本。強めに歪ませたり浅い歪みで速いパッセージを弾いたりなど多彩に使えるオールラウンダーになりました。

<デジマートリンク>

https://www.digimart.net/cat01/shop5072/DS06139823/

Bizen Works Grain Arched Top "Rainy Sunset" Quilted Maple Cuban Mahogany Jacaranda

最後に紹介するのはこちら。妖艶なアーチトップにトラディショナルなカラーリング、エレキギターのアイコン的な存在を国産かつ最高峰のマテリアルの使用で1段階上の次元に引き上げました。こちらもフラットトップと共通のトップ材を使用しています。

こちらが塗装前の状態。

並べてみると、元は一枚だったのが分かりやすいかと思います。

こちらを着色します。フラットトップは生地着がメインでしたが、アーチはサンバースト塗装などもあり大分雰囲気が違っています。

同じく並べてみると・・・

ここまで表情が変わりました。

こちらは"Rainy Sunset"と名付けました。王道のチェリーサンバーストをイメージしながらも少し濃い目の着色、バーストの境界をあえて目立たせないようにしています。ラッカー塗装ですので長年の使用で退色が起こると思いますが、より木目が際立つような変化をするのではないでしょうか。

ウッドパーツ類にはハカランダを使用しています。フラットトップのフレイムメイプルが明るい印象でしたので、こちらは対照的に落ち着いた雰囲気を演出しています。ちなみにコリーナボディのモデルとウッドパーツは共通の板から切り出しています。

ボディバック材は板目の物を選びました。といってもキューバンマホガニーのワンピースで板目は人気が高いためBizen Worksにも残りが少なく、その中でも非常に美しいものを使わせて頂くことが出来ました。

加工前の状態は非常に重く、製品としてどうなんだろう・・・と思ってしまうほどでしたが、最終的には4kgちょっとと常識的な範囲で着地。薄めのシェイプにコンター加工もあるので非常に取り回しの良い仕上がりになっています。ボディがしっかりしているので音もクリアでサスティーンに優れます。

指板のハカランダは、バック材のエキゾチックな雰囲気に合わせてうねりのある杢目のものにしました。

アーチトップかつ板目のバック材の使用により中音域豊かなサウンド特性ですが、ハカランダ指板と卓越した組み込み技術も相まってレスポンスも非常に優れています。まさにスキのない一本。芳醇なリードトーンはもちろん、コイルタップスイッチですこし引くことも出来るため、バッキングもバッチリです。一生付き合える一本としてお選びください。

<デジマートリンク>

https://www.digimart.net/cat01/shop5072/DS06139811/

お問い合わせ

今回入荷した3本とも自信作ですが、WEBではまだまだ伝えきれない部分もございます。店頭、もしくはお電話、デジマートのメール等でもご相談乗りますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

島村楽器ミーナ町田店 Tel:42-710-6088 担当:石田

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。