【真空管使用の抜群の反応性】Soul Power Instruments新製品発売!

ミーナ町田店のリクエストで新たなNutubeエフェクターが生まれました

静岡県でオリジナルエフェクター製作、エフェクターモディファイを行うソウルパワーインストゥルメンツ(以下SPI)とはこれまでも様々なコラボレートを行ってきましたが、今回こちらからのリクエストで新世代の真空管、Nutubeを使用したモデルが誕生しました。

Soul Power Instruments Viper

いわゆるTS系と言われる回路にNutubeをマッチさせ、歪みをNutubeで作ることにより今までにないほどハイレスポンスなエフェクターが完成しました。その実力は本体のゲインをMAXにしてかなりハイゲイン設定にしていても手元のボリュームとピッキングでクリーンに出来るほど。サウンド自体は一般的なTSのイメージであるミドル豊かで存在感のある特性はそのままに、上質なFenderの真空管アンプの様な抜けとツヤが加わっています。

”タメシビキ”でも大好評

9月初旬にギタリスト宮脇俊郎氏、山口和也氏と一緒にスタジオでSPI製品を弾き倒す、という催しを行いました。その時の様子を機材レビュー動画、タメシビキでもご紹介頂いたのですが、その中でViperは絶賛!

スタジオ備え付けのJC-120が全くの別物になっていますね。

Soul Power Instruments JACK POT

ViperはSPIさいとうさんのデザインによるものですが、もともとのリクエストには

・Nutubeが見えるように窓を付ける

・Fenderアンプ系の渋いデザイン

というのも含まれていました。それを実現したのが”JACK POT"です。一般発売にあたって、まずはこのJACK POTを静岡、町田など一部の店舗で発売、その後10月以降を目安に全国の島村楽器でViperを発売します。回路・価格は全く同じですが、真空管が発光しているところが見えるというロマンが・・・。こちらのJACK POTですが、部材の調達の兼ね合いから一度に決まった数量しか作れず、2回目作るかどうかはまだ未定ですので気に入ったという方はお早めにご予約下さい。

<デジマートショッピングページ>

Soul Power Instruments JACK POT

お問い合わせ

島村楽器ミーナ町田店 Tel:042-710-6088 担当:石田

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。