PRS ファクトリーオーダーツアーレポート Vol.5

島村楽器として初のPRSファクトリーオーダーツアーに出かけてきました!

画像
前回のVOl.4ではプライベートストックの最高峰の木材を用いたモデルを作製しましたが、全国の島村楽器に並べる予定のウッドライブラリーオーダーモデルも選んできました。

今回は初めてのオーダーツアーということもありあまり突飛な仕様にはしたくないな、と考えていました。現在店頭に並んでいるスタンダードなPRSを基本としながら、選定杢を使用した素晴らしいモデルを、もしくは以前好評だったのに現在はレギュラーラインナップから消えてしまっているモデルを基本にオーダーしています。こちらもプライベートストック同様、3種類のモデルを製作しています。

①Custom24

画像

・Woodlibrary 10Top Figured Maple Top
・Non-Veneer Head Stock
・85/15 Pickups
・Pattern Thin or Pattern Regular Neck
②Custom24Semi-Hollow

画像

・Woodlibrary 10Top Figured Maple Top
・Non-Veneer Head Stock
・58/15 Pickups
・Pattern Thin or Pattern Regular Nec
③Singlecut Trem

画像

・Woodlibrary 10Top Figured Maple Top
・Non-Veneer Head Stock
・58/15LT Pickups
・Wide Fat Neck
以上のモデルを各10本、合計30本限定生産です。

ヘッドストックはこだわりの突板なし。

画像

指板から続くローズウッドの杢目は美しいのですが、経年変化による色焼けも避けられません。以前の仕様である突板なしのマホガニーの杢目を活かしたデザインとしました。

セミホロウモデル、シングルカットともに一定の人気があるモデルなのですが現在国内には全くと言っていいほど入荷がありません。そのため今回のオーダーでご用意しました。

気になる選定の様子です。

画像

まずはザックリとよさげな杢目を探します。正直私と塙の好みで選定してます。。

画像

お次は選り分けたものの中からさらに選抜するため、実際にギターの形になったらどうなるのかエンピツで枠を描いてみます。
節目があるものも混ざっていますが、意外とテンプレートを当てるとピックアップキャビティなどで隠れる位置だったり、ギターになったところを想像すると味が出そうな杢目であったり、またまた好みに合わせて選んでいきます。
こんな個性的な杢目もありましたよ。

画像
画像

超希少なワンピース材も選んでいます。

画像

こうして選び抜いた木材がずらり!

画像画像

これらがNCルーターで削られ、人の手で組み込まれ、塗装されてギターになって日本へ羽ばたいてきます。第一陣はもう間もなく店頭にお目見えすると思いますのでお楽しみに!

ツアーの楽しみは木材の選定のほかにも・・・?

2泊4日という弾丸日程で敢行した今回のオーダーツアーですが、せっかくなので本編以外の写真も紹介いたします。

アメリカンな食事

画像画像画像

湖の真ん中にあるのでヨットハーバーも

画像画像

PRS工場入口にはミュージアムも

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

オフィス前の廊下にはアーティスト写真も

画像画像画像画像画像

Mr.Paul Reed Smithと島村楽器チームで記念撮影!

画像

オーダーしたギターたちももう間もなく入荷予定です。楽しみにお待ちください!

石田の紹介

画像
ミーナ町田店エレキギター、デジマート管理担当。7年以上PRSのディーラー選定会に参加し、様々なPRSの仕入れに携わる。今回長年のPRSへの貢献によりオーダー担当に抜擢される。
好きなジャンルはHR/HM、好きなメイプルはキルトメイプル。。。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。