【3/28再入荷・在庫アリ】8/30発売!話題の管楽器『Venova(ヴェノーヴァ)』レビュー!こどもからおとなまで吹ける!

2018年3月28日現在、在庫10本ございます!

お早めにーー!
画像

話題の管楽器、Venovaって何??

画像
南砂町スナモ店にも入荷しました~!(パチパチ~!)
演奏動画が、早くも掲載されていますが、管楽器がはじめてな方にもわかりやすく、レビューしていきますよ☆

詳しい商品情報はこちらから!↓↓

品番 販売価格(税込)
YVS-100 ¥10,800

まずはケース

画像
ブラックのスタイリッシュなケースですね!ショルダーストラップが付いていますので、肩にかけて持ち運びラクチン。
背負っているのを忘れてしまいそうな軽さです!
・Venova本体 180g
・専用ケース 508g

開けてみます!

画像
左右に留め具がついています。
それぞれ外側に「パチッ」と音がするまでスライドさせます。

初 対 面 !

画像
おお…!近未来感ただよう本体…!!

よくよく観察してみます。

くねくねした管が特徴的。管をくねくねさせることで、持ちやすい長さになっているんですね。
画像
プラスチックリードがついています。
画像
画像
キイがあり、それぞれ右手薬指・小指で操作します。お子さんにとっては、リコーダーがカッコよくなった感じに見えるかも!動作もスムーズ♪
画像

持って、吹いてみた!

画像
力みすぎて、顔が怖くてスミマセン!

私は、フルートが専門なので、リード楽器は得意ではありません。ネットにはサックスやクラリネット経験者の方の動画が多いので、ほぼ初めての黒川が吹いた感想を書いていきます!

持ってみた感じ

軽い!リコーダーのよう…。
ストラップをかけるリングがあるので、小さいお子様は安定させると落下防止になって安心ですね!
ヴェノーヴァは軽いので、わざわざサックスやクラリネット用のストラップを買わなくても、スマホや携帯の首掛けストラップでも使えそうです。穴も少し小さめですので、それで十分だと感じました。

吹いてみた感じ

うん!一発では出ない!!(当たり前)
リコーダーっぽい運指ですが、息を吹きこめばなるリコーダーとはことなり、腹式呼吸を使うことがコツですね。
店長に手ほどきを受け、数分後…。

ヴォーーーー(ソの音)
出ました~~!!

一番出しやすい「ソ」の音です!
左手の親指、人差し指、中指、薬指。ソプラノリコーダーと全く一緒です。
ヤマハが出版している教則本でも、まずは「ソ」の音からと書いてあります。

ここから、ラシドと出せる音を増やしてきました♪
こんな小さな本体から、こんなしっかりとして音がでるなんて、驚きです!
これは、ライブや他の楽器と一緒に吹いても負けない音色です!!

こんな人に吹いてもらってみた!

画像
ベース科講師、鴻野暁司先生にヴェノーヴァを吹いて頂きました!
「コツをつかめば、出せる!」

そんな中、写真を撮りまくっていた黒川は気づいてしまったのです。

「あれ、ソプラノサックスのリードもいけるんじゃない…?」

というわけで、早速実験!

画像
マウスピースとリードをそれぞれ並べてみました。
それぞれ、左がソプラノサックス用、右がヴェノーヴァ用です。
リードは長さが少し変わるくらいです。
マウスピースは見た目は一緒?
画像
差し込み口が少し、ソプラノサックス用の方が大きい気がします。
はめてみると、止まる感じがせず、息がもれてしまう感じ。

ではではリードは??

ヴェノーヴァにソプラノサックス用のリードを装着!

画像
うむ。いけそう…!リードは、RICO(リコ) GRAND CONCERT ソプラノ 2 1/2を使用しました。
画像

ヴェノーヴァのリードは葦リードの21/2よりも厚めということでしょうか。

さきほど吹いてもらった鴻野先生も、
「こっちの方が吹きやすいかも!」とのこと!

ソプラノサックスリードを使用することもできるようです!

※2017年12月9日追加情報
ヴェノーヴァ用のリード、取り扱い始めました!
一枚¥1,188(税込)です。ご利用くださいませ。

YAMAHAの公式情報によると、ソプラノサックス用のパーツとの互換性は以下の通り。

マウスピース ◎(互換性アリ)
リガチャー ◎(互換性アリ)
マウスピース △(モデルによる)

互換性があるものとないものがあるそうです。
サックス&クラリネット経験者の方は、是非、オリジナルのセッティングを見つけてみては?(^^)

リコーダーの名残を感じる部分発見。

この丸い黒い物体…。
画像

と れ る !
画像

こちらは、ジャーマン式とバロック式、運指を変えるために取り外しができます!
ヴェノーヴァ教則本を見ると、ファとかファ♯の運指などが異なるみたいです。

一般的には、学校でソプラノリコーダーを習う時は、ジャーマン式が一般的です。
ですので、「私はバロック式運指でやるんだ!!」という場合を除いては、そのまま装着しておくのが良いと思います!

吹いたあとはどうすればいいの?

お手入れはとっても簡単!付属品のスワブを使用します。
マウスピースを本体から取り外して…。
画像
おもりとしてチェーンが付いています。そちらの方を上から入れます。
すこしゆすると(管がくねくねまがっているので、少しゆすらないと出てこないのです)、下からおもりが出てくるので、ひっぱって中の水分をふき取るだけ。
これなら、誰でも簡単におそうじできますね♪

まだ初回入荷分、在庫ございます!!

店長の谷中と、ジャズピアノ講師:一戸智之先生との演奏動画もお楽しみください!

ご来店おまちしております♪

画像

電話番号 03-5677-0611
担当 黒川

 

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。