【サックス講座⑩リードのいろは】海桜Vol.31

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

サックスの必需品、リード!!!!

これが無ければサックスは始められません!

今回は楽器をより上手に演奏できるために、
リードに関してお話していきます(^^♪
盛りだくさんな内容になる為数回に分けてメーカーごとに比較をして行きます!
皆さんのお使いのメーカーさんはいつ出てくるかお楽しみに🎷


さて皆様、リードの大切さや扱い、熟知しているでしょうか?
以前のブログでサックスなどの木管楽器は【金管楽器と違う発音をする】
という事をお伝えしたのを覚えていますか?
初めてこのページを見た方、あれ忘れてしまったわ…なんて方はここからとんで思い出しです(^^♪

木管楽器はリードを使って音を鳴らしています。
このリードとうまく付き合っていくことがサックスの上達への道の1歩です(^^)/

まずはリードについて少しだけご説明を…

リードの素材は「ケーン」、日本でいう葦(あし)のお仲間です。
ケーンは、中が空洞の筒状で、1年で生長します。
メーカーによっては2年掛けて生長したケーンを使う事もあるのだとか!!
年数をプラスで掛けた事で、より強く・より良い鳴りが手に入るのです!
太くおおきく生長したケーンを適度な長さに切ってから、タテに四分割して削るとリードの形に近付いていきます。
ここからさらに作業が入り皆さんが使うものになっていきます。

大手リードメーカーを抜粋してご紹介

リードのメーカーは沢山ありますが
記念すべき第1回はバンドーレンをご紹介いたします。

バンドーレンとは

マウスピースやリードをはじめとした、木管楽器アクセサリーのトップブランドです。
長い歴史の中で培われた高度な技術は今も昔も多くの演奏家に愛されています。

トラディショナル

定番の紺色の箱のパッケージ。
吹奏楽やポップスなど、ジャンルを問わずたくさんの愛用者がいる型番です。
楽器を始めるときに迷ったらコレ!といわれる定番リードです。

クラシック系ならこちらがおススメ★

トラディショナル(左)・V.12(中央)・V21(右)

JAVA(ジャバ)

緑や赤のパッケージ。
1983年にジャズ・ポピュラー用にと開発されました。
振動部が厚く、よりコシのある鳴りが期待できます。
トラディショナルだと上手く音が出ない、もう少し薄くしたい、なんて方にピッタリです!

ジャズ系ならこちらがおススメ★

緑JAVA(左)・赤Java(中央)・V16(右)

リードのお悩みQ&A

リードを使っていれば誰もが悩むことにお応えします(^^♪

Q1;1箱に使えるリードがあまりない、なぜ?

A;たくさんの人に使ってもらうため!
リードは1箱に5~10枚入っていますよね、でもその中で自分が使い易いものは半分にも満たない。という方は多いと思います。
それもそのはずです。なぜなら1つの箱をたくさんの人に使って欲しいからです。各個人に合わせたものを作ろうとするとオーダーメイドレベルになってきます。
価格も上がってしまいますし生産性も下がってしまいますよね…

実は1箱(10本)の中で標準・軽め・厚めという3種の厚さを混ぜ合わせているんです!
だから使い易いリードが少ないのは必然なんですよ(^^♪

Q2:寿命ってどれくらい?

A:1か月に1箱消費する位です。
吹奏楽やオーケストラなどで毎日練習をする場合は3,4箱消費もざらじゃないと思います。
髙野は中高生のコンクール前は3,4箱買っていました…
ただそれくらい買わないと相性のいいリードに出会えないんです(´;ω;`)
教室などでレッスンに通われて週に1~2回くらいの練習という方は1.2ヵ月で1箱位の方が多く見受けられます。
振動しているのでリード自体の疲労があり、それに加えて水分も吸っているため、正直長くは持ちません…
適度な交換をお願い致します!

Q3:1箱を少しでも長く使うための秘訣は?

A:秘訣という秘訣はありませんが、まずは湿度の管理。
リードも木なので湿度によって持ちが変わります。なるべく低めにしていると良かった印象です(^^
また厚いリードが多い場合はヤスリで削る事も一手です!だたこれは難しいので安易にやり過ぎると使い物になりません。やるときは細心の注意を払って行って下さい!!



まとめ🎷

リードは初めにお話しした様に、
自然のものからできていますふたつとして同じリードは存在しません!
だからこそ、良い音の為には、良いリードを選ぶことがとても重要です。
ご自身にあったリードの選び方をぜひ身につけてみて下さい(^^♪


このページを見たあなたにおススメの過去記事

・・・・・楽器の天敵?〇〇!!
・・・・・長持ちの秘訣★
・・・・・サックスメーカーごとの比較

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。