桂川店のエフェクター紹介!Vo.1 【Vivie IRENE66】

こんにちは!島村楽器京都桂川店の四童子と申します!
今回からエフェクター大好きな僕が定期的に桂川店のエフェクターの中から気になる一台をを紹介していきたいと思います!

今回紹介するエフェクターは…

VivieIRENE66です!!!!

なんと第一回目からアーティストモデルです。
あの超絶技巧ギタリスト大村孝佳氏の理想から生まれた一台なのですが、なんと言ってもこの目立つヴィジュアル。
大村氏のイメージカラーであるラメ入りピンクにメタリックレッドのグラデーションがかかっており、ライトも紫でいかにも凶暴ですね。
音の方はどうでしょうか。実際に使ってみましょう!

期待を裏切らないパワー

まず全てのツマミを12時にして鳴らしてみました。
想像通り、いや、想像よりもパワフル!
Gainが一番低い状態でもそこらのオーバードライブよりも歪みます!
ですが、深めに歪ませた時も音がつぶれることなく鳴ってくれるのは非常にありがたいです。
十分パワフルな歪みを体験したところですが、まだまだこんなもんじゃありません。

さらにブースト「Rioters]スイッチ

エフェクトがONの時のみにかかるブースター「Rioters]スイッチ。
Violence Lv(レベルブースト)とNew World(ゲインブースト)の2つのツマミが使えるようになり、別のブースターを用意せずともこの一台でバッキングとソロの音作りが出来てしまいます!

アンプの個性をガン無視!?

右上のJCとMSを切り替えるスイッチ。
これはスタジオやライブハウスに常設されている定番のアンプJC-120(JC)とマーシャル(MS)を意味しており、このエフェクターの『常設アンプに有りがちなモコジャリサウンドを徹底的に改善し、常設アンプの補正や良い部分等はガン無視し、こちらのエゴのまま良質なアンプに変えてしまう。理想的なセッティングを促す。』というサウンドコンセプトを実現するスイッチなのです。
普通は音のバリエーションを増やすためにスイッチがついていたりするのですが、これは逆で、どんなアンプと合わせてもいつもと変わらぬ理想の音が出せるように設けられたスイッチなのです。
その発想は無かったです!!

熱意を感じる一台

IRENE66はサウンドコンセプトに忠実で、アンプ切り替えスイッチやブーストチャンネル、そしてToneノブだけでなく中音域のキャラクターを変えられるスイッチ等、これ一台でどんな演奏環境でも大村氏の理想のサウンドを出そうという熱意やアイデアが随所から感じられる一台でした!

「ハイゲインなエフェクターを探している!」「アンプの個性に負けないエフェクターが欲しい!」「一台でソロもバッキングもこなせたらなあ、、」なんてお考えの方は是非お試しください!

お問い合わせ

IRENE66をご購入、試奏の際は是非島村楽器京都桂川店にお越しください!

店舗名 イオンモール京都桂川店
電話番号 075-924-6400
担当 四童子(しどうじ)【ギターアドバイザー】

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。