期間限定展示!RYOGAギターベースフェア!スタッフのこだわり(たい)モデル紹介Vol.2

ついに始まったRYOGAギターベースフェア2018in京都カナート店!
今回のギターベースフェアはなんと!10月19日~10月21日に開催された2018楽器フェアで発表(発売開始)されたばかりの新モデルがいっぱい!
京都カナート店の売り場にて異様な妖気を放ちながら展示中です!

せっかくたくさんの新商品に囲まれているので、なかなか忙しくて見に来ることができない方のためにも今日からスタッフイチオシのモデルを京都カナート店スタッフそれぞれがご紹介していこうと思います!

題して・・

『期間限定展示!RYOGAギターベースフェア!スタッフのこだわり(たい)モデル紹介Vol.2』

Vol.1はこちら

いつもは、エフェクタ―ばかりを紹介している僕ですが、今回はギターを紹介していきます!
河合が気になっているのはこのモデル!

EMPRESS-G2

RYOGA初の本格セミアコ構造をもったギターEMPRESS-G2です。
最近は、ロックバンドでセミアコを使うバンドが増えてきている気がします。
セミアコはソリッドボディでは出せない独特な音がとても魅力的ですよね。何となく一本持っておきたくなる謎の魔力を持っているギターだと思います。
そんな魅力いっぱいのセミアコをRYOGA独自の形状やブリッジの位置、ボリュームの配置など細部までこだわった設計で新たに生み出されたのがこのEMPRESS-G2なんです!

ヘッドはこのような感じになってます。
個人的には独特なヘッド形状も気になりますが、それよりも主張しすぎないロゴがとても好みです。
見慣れない独特なボディ形状と主張の強い杢目を持ったこのギターをいい感じにシンプルなロゴでまとめている気がします。
ボディの形状はこんな感じ!

左右非対称な形状になっています。
立って演奏した時、ボディが体にあたる部分が多いので非常に安定します。
カットも深く、ハイポジションでも手がしっかりと入ります。

従来のセミアコはボディが大きいので小柄な方だと取り回しの面で少し難があったかもしれませんが、このEMPRESS-G2はコンパクトなので持ちやすいと感じるかもしれませんね!
EMPRESS-G2ですが、実はテールピースが少し後ろに下げてついていたりと細かなこだわりが半端じゃないです。
弾かないと分からないこだわりもたくさん詰まったギターです!まずは、弾いてみてください!

メーカー 型番 販売価格(税込)
RYOGA EMPRESS-G2 ¥339,120

スペック

Body:表裏:ライトアッシュ5P積層/中:マホガニー

Neck:マホガニー2P

Finish:ウレタン薄吹き仕上

Frets:22F

Scale:636mm

Neck Joint:Set Neck

Tuners:GOTOH SG301-B20

Nut/Width:牛骨 (W:43mm)

Front pickup: RYOGA RH1

Rear pickup:RYOGA RH1

Controls:1Vol, 1Tone

Condenser:Orange Drop

Output jack:Switchcraft

Bridge:GOTOH GE104B&GE101A

Strings: D'Addario EXL110(.010-046)

Weight: 3.3Kg

Accessories:Gig Case

Warranty:3年

是非このサウンド・重さ・握り心地を体感ください!

RYOGAフェアは10/19(金)~11/25(日)までの期間限定で開催予定です!

途中で展示商品が変更になることもございます。ご了承ください。

展示中のギターについてどんどん紹介していきますので、もし気になる!というギター・ベースがあれば是非試奏しにきてください!

この記事を書いた人はこんな人

スタッフ河合

高校・大学でバンドをしていたが、弾くよりも機材をいじる方が好き。
趣味でエフェクター作ったりしている。

河合(かわい)までお気軽にお問い合わせください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。