期間限定展示!RYOGAギターベースフェア!スタッフのこだわり(たい)モデル紹介Vol.1

ついに始まったRYOGAギターベースフェア2018in京都カナート店!
今回のギターベースフェアはなんと!10月19日~10月21日に開催された2018楽器フェアで発表(発売開始)されたばかりの新モデルがいっぱい!
京都カナート店の売り場にて異様な妖気を放ちながら展示中です!

せっかくたくさんの新商品に囲まれているので、なかなか忙しくて見に来ることができない方のためにも今日からスタッフイチオシのモデルを京都カナート店スタッフそれぞれがご紹介していこうと思います!

題して・・

『期間限定展示!RYOGAギターベースフェア!スタッフのこだわり(たい)モデル紹介Vol.1』

そんな記念すべき第一回目は・・・京都カナート店でエレキギターを中1のときに購入し、約15年ほどが経過。気付けば立派なギタリストおっさんへ健やかな進化を遂げた森下のこだわり(たい)を語らせていただきます!
森下が気になっているのはこのモデル!

CICADA-T2

RYOGAギター最初のセミアコシェイプCICADA(シカーダ)の新色チャコールカラーです!
このギターの何がすごいって、既に見た目が買いなところですよね!
上質なアッシュをバーナーで焦がすことで木目を際立たせた質感溢れるチャコール!
渋い杢目が杢目好きにはたまらん一本でございます!これだけでご飯3杯はいけますね。

そしてこのヘッド形状&ロゴがまたカッコいい!
形状は演奏性も重視されておりコンパクトで重量バランスもGoodデス!

ボディバックのマホガニー材を大きくくり抜いた構造でエアー感あふれるサウンド。
大音量で歪ませた際にセミアコの弱点でもあるハウリングに対しては、Fホールが無いクローズドのホロウ構造によって大幅に改善されており、ハイゲインに歪ませたロックサウンドからセミアコならではのクリーンサウンドまでオールラウンドに活躍できるモデルです。

正直ボディの大きなギターは小柄な森下からすると、構えるのがしんどいイメージがあったのですが、とにかく見た目に反して軽く、構えやすさ・演奏性を設計の念頭に置いているため、他ギターからの持ち替えに違和感がない(どころか、フィットしすぎて離れない)という印象でした!
それ加えて演奏幅の広さ・ご飯が進む見た目は、何度も言います・・・買い!!デス!

メーカー 型番 販売価格(税込)
RYOGA CICADA-T2 ¥265,680

スペック

Body Top Light Ash 2P (20mm)
Body Back Mahogany 2P(35mm) ※HollowBody
Neck Mahogany 1P(Angle 14°)
Fingerboard Ebony (305R)
Finish Urethane
Spec Frets22F
Scale 638mm
Neck Joint Set -Neck(Heel Cut Joint )
Pegs GOTOH SG301-B20-MGT
Nut/Width BLACK TUSQ(W:43mm)
Front pickup RYOGA RH1
Rear pickup RYOGA RH1
Controls 2Vol, 1Tone(PULL:Coil-Tap), 3Way Toggle SW
Lead Cable Braided Wire
Condenser OrangeDrop
Output jack Switchcraft
Bridge GOTOH 510TS-BS1
Weight 3.4kg
Accessories Gig Case
Warranty 3year

是非このサウンド・重さ・握り心地を体感ください!

RYOGAフェアは10/19(土)~11/25(日)までの期間限定で開催予定です!

途中で展示商品が変更になることもございます。ご了承ください。

今日からちょくちょく展示中のギターについて紹介していきますので、もし気になる!というギター・ベースがあれば是非試奏しにきてください!

この記事を書いた人はこんな人

3~4歳の頃から小学5年生までピアノ習っていた。(現在はほぼ弾けませんが!)
中学1年生で島村楽器京都カナート店にてエレキギター(HISTORYのストラト)を購入し現在もまったりバンド活動中
好きなひらがなは「う」です。



記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。