2/4(日)Digiland CREATORS 作曲ワークショップ 開催レポート

こんにちは、京都カナート店DTM担当・香西です!
2/4(日)に開催しました「Digiland CREATORS 作曲ワークショップ」が終了しましたのでレポートいたします!
以前は「京都DTM塾~楽しい作曲ワークショップ~」という名目で開催してきましたが、第4回目となる今回よりDigiland CREATORSというDTMサークルの活動の1つとして開催することになりました!
今回はどんな曲が完成したのでしょうか!それではレポートしていきます!

作曲ワークショップとは?

このイベントは、参加者の皆様にアイデアを出せるだけ出していただいて、その中から作りやすいもの、面白そうなものをピックアップし、それらを基に簡単な曲を作ってみましょう!という内容です!
ブレインストーミング的な方式で、出てきたアイデアをどんどん発展させていき、質より量を重視して思いついたものは全部書き出していきました!
画像
今回は3名の方にご参加いただきました!過去開催分にご参加いただいた方や経験者の方もいらっしゃったので、少し専門的な用語もありますね。最初のアイデアで4つ打ちのワードが出てきて、それを掘り下げていく形で色々なアイデアが出てきました!

制作スタート

たくさん出たアイデアの中からできそうなもの、やってみたいことをピックアップし、制作スタートです。リズムトラックなど分かりやすいところから作っていきます!
画像
これまでワークショップではSONARを使ってきましたが、今回はCubaseで制作することになりました。実際に家でCubaseを使ってる方もいらっしゃったので操作も皆様にある程度お任せしてたのですが、さすが使用者ということもあり操作が慣れていて、僕の知らない使い方でサクサク操作しているのを見ていて感心しました…!
画像
最初にいくつかピックアップしたものも制作が進む中で取り入れるのが難しくなったり、別のアイデアが出てきたりと、試行錯誤を繰り返して形にしていきます。みなさんPCに夢中です!
画像
制作中に気になったことがあるとメモを取ったり。

完成作品はコチラです


今回も4つ打ち系の曲が完成しました!ちなみに前回、前々回も4つ打ちの曲でした!皆さん4つ打ち大好きですねー
コード進行は「王道進行」とも呼ばれる4536で、最近のJ-POPやアニソンなどでもよく耳にする進行なので馴染みのある音だと思います。F→G→Em→Am→…の繰り返しです。7th系のコードが使われることが多いですがここはシンプルに。
その他プラック音にアルペジエーターを効かせるなど、これまでにないちょっと面白い曲調になってます!曲のラストはEDMとかでよくあるリズムが倍になるやつですね。
参加者の方から「いつもやっていることだけでなく、まだ取り入れたことのないアイデアも使ってみたい」という意見が結構あったので、今回はチャレンジ精神が感じられる大変意義のある回になったと思います!ご参加いただいた皆様ありがとうございました!!

次回のサークル活動は3/11(日)に作品鑑賞会を予定しております!個人で制作した作品を持ち寄って、全員で聴いて意見交換や情報共有をしましょうという新企画です!こちらは今回が初開催ですので、イベント初参加の方もお気軽にお越しください!
参加を検討されている方はサークル参加のお申し込みも合わせてお願いいたします!
詳細はコチラ↓

DTM担当・香西プロフィール

画像
「たのしいDTM」をモットーに、毎日DTM中心の生活を送っています!バンドサウンドを作るのが得意で、ときどき自主制作でCDを作ってイベントに行ったりもします。DTMだけでなくギターやベースに関することなど、なんでもご相談ください!
連載ブログ「DTMer香西の音の鳴る箱」もよろしくお願いします!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。