ギタレポ!Vol.1 ~CoolZ新カラー入荷~

みなさんこんにちは!ギター担当の森下です。
今日はカッコいいギターが入ってきたので

ギター担当らしくギターレポートをします!

題してギター担当森下の

ギタレポ!Vol.1

では、早速ギターに登場していただきましょう!
今日ご紹介するギターは・・・・・・

(ジャラジャラジャラジャラジャラ)

(ジャンジャラジャラジャラジャラジャラジャラ)

デーーーン

CoolZ ZTL-V/R TRD

画像

赤!
です!
テレキャスシェイプ黒白黒の3Plyピックガード、そして赤色の塗装と、かなりカッコいい組み合わせ!

テレキャス男子がもつと、こうなります!

画像

悔しいけどかっこいい!
モデルは京都カナート店で最もテレキャな男、アンプ・ギターアクセサリー担当の嵩(だけ)です。
すました表情でキメてくれました!

新しいギターを持つとテンション上がりますよねー!
そんでもって弾くとしたらこうですね!
画像

ちょっとテレてるのが分かります

見た目だけではなくギターのスペック(仕様)についてもご紹介します!

Circle Fretting System

画像
フレットを円弧状に打つことで、ナットから最終フレットまでの長さが全ての弦で同一なシングル・スケールを実現。
ポジションによる和音のズレに気を煩わされることなく、より正確なピッチ感が得られるテクノロジーです!

ELITE FINISH

画像
フレット両端のエッジ部に滑らかな仕上げを施すことで、スムーズな運指と確かなポジション移動が可能に!

ヒールカットジョイント

画像
ハイポジションでのプレイアビリティを向上するために、ネックジョイントのヒール部を滑らかにカットしました。独自形状のネックセット・プレートを採用

SMOOTH GRIP

画像
独自の特殊工法によって仕上げネックグリップの塗装は握った瞬間に長年弾きこんだギターのように手に馴染み、汗をかいた際などにも滑らかな運指や確実なポジション移動をサポートします。

音について

サウンドは癖がなく素直な特性で、アンプやエフェクターを使ったサウンドメイクがしやすくなっています。
ボディに使われているバスウッド材は、ばらつきが少なく安定した品質とアルダーやアッシュより手の届きやすい価格も魅力です。
また軽量なのでライブなどでも軽快な演奏性が期待できます!

その他カラーラインナップ・品番について

今日ご紹介したギター以外にも新カラーラインアップが続々登場してます!
CoolZ (クールジー) オリジナルブランド - 島村楽器

弾いてみたくなった方はギター担当森下までお問い合わせください!

この記事を書いた森下はこんな人

画像
担当:エレキギター・アコースティックギター・エフェクター
洋楽・邦楽・ゲームサウンドなど色んなジャンルの音楽を聴きます!
オススメの曲・アーティストがあれば教えてください!
食べることが好きなのでオススメの料理店などご紹介しますよー!
もちろんギター・エフェクターのことは何でもご相談ください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。