ビギナー必見!!ギター・ベース用ピックの特徴と選び方!!

無数にあるピックの世界、楽しんでみませんか?

画像
こんにちは!!島村楽器くずは店エレキギター担当の中村です!!
そしてまたの名をくずはのピック大好きマン中村です!!

皆さん、ピックを楽しんでますか?
また、まだギターを始めたばかりの方は自分に合ったピックってどれなんだろう…?と疑問かと思います。
そんな皆さんの参考になるような情報をお届けいたしますので、ぜひ楽しんでください!!

たくさんあればあるほど楽しいです。

画像
↑こちらは中村がお仕事用で用意しているピックの数々…。
こんな大量に持ち歩いているスタッフも稀ですが、お客様のお好みに合わせてピックをお渡しするために携帯しています。(おにぎりが多いのは仕様です。)
プライベートで使うピックはべっ甲のもので基本的には固定してありますが
気分や練習内容に応じて色々使い分けて楽しんでいます。
また使用するギターによっても弾きやすさを追求するために選んでいたりと
ピックは普段から楽しい趣味となっています。安いのでお財布に優しい趣味!!笑

ピックは実は〇〇〇〇〇〇!?

さて、様々なお客様にご紹介しているのですが
実はピックって世界最安のエフェクターなんです!!
「はて?なんのこっちゃ!!」と思われるかもしれませんが、これは本当です。
使われている材質や厚み、形によって音色は千差万別。
一番最初に弦に触れる、音の出発点であるピックが変われば音が変わるのは想像して頂きやすいかもしれません。
こだわれば自分の理想とする音にも近づくかも…!?

では、どのように変わるのか。
重要なポイントですね。どんどん解説していきますので、最後までお付き合い下さい!!

ピックは100円~数百円、中には数千円するものもありますが、安価で音を変えたり気分を変えれる魔法のアイテム。

ポイントは三つ!!

①形

②厚さ

③材質

これらのポイントに今回は絞って、紹介していきます!!

①形

まずは数あるピックの中でも代表的な三つの形をご紹介!!
最近は形にも多様性が出てきており、変形型も数多くございますが今回は割愛いたします…。

今回紹介するのは…

・おにぎり型(三角形)

・ティアドロップ

・ジャズタイプ

です!!それぞれの特徴を見ていきましょう!!

おにぎり型(三角形)

画像
比較的面積が広く、しっかりと握り込めるのが特徴。
コードストロークが得意で、ギターを始めたての方には特にオススメの形!!
また、角の角度が比較的ゆるやかになっているものが多いので
弦に当たる面積も大きくなり、単音弾きの時にはちょっとひっかっけてしまうこともあるかも。
ですが、決して不得意というわけではありませんのでご安心ください。
さらに面積が広いことで握る位置をずらしたりしてニュアンスを変えたりと器用な一面もあります。
握る強さに応じて音色をコントロール出来ますのでなかなか奥が深い一枚!!

ティアドロップ

画像
おにぎり型に対して少し面積が狭くなりますが
角がよりシャープになりますので素早く振りやすくなっています。
これによりリードパートを弾くギタリストが多く使用している形です!!
単音弾きはもちろんバッキングも問題なくこなせる万能な形で
迷ったらとりあえずこの形を持っておいて間違いないです。
唯一の弱点は角が一つしかないため、消耗が早いところ!!お財布に厳しい!!笑

ジャズタイプ

画像
ジャズタイプと一口に言っても実は様々な大きさがあるこちらの形。
別にジャズ専用機ではありませんのでご安心を。笑
上記二種類と比べて厚めのモデルが多く、単音の速いフレーズを弾くギタリストの愛用率が高いです。
正確なピッキングを目指す方におすすめしたい形。
ティアドロップよりも速く振り抜くことが出来る反面、少しテクニカルなところがあります。
ですので、始めたばかりの方は少し弾きにくさを感じられるかもしれません。
しかし、持っておいて損はないので物は試し…使ってみてください!!

まとめると…
画像

こうなります!!あくまでも参考ですので、実際にご自身でお試しください!!

②厚さ

ピックにはざっくりではありますが、大きく分けて4種類程度の厚さ区分があります。
メーカーによって微妙にズレはありますので、あくまでも目安です。

・Extra Heavy(約1.15mm~)
・Heavy(約1mm程度)
・Medium(約0.8mm~1mm)
・Thin(約0.5mm~0.78mm)

ヘビーはハードと表記のあるものも多いです。同義語です。
単純なお話ですが、薄ければ薄いほどよくしなり(曲がり)ます。
また握り込んだ時の力のかけ具合での音色の変化量でもありますし
弦に当てる角度によって変化も起きてきます!!

では、どう音が変わるのか!!見ていきましょう!!

厚いピック

画像
ピックは一般的に厚いもであればあるほど、アタック感が強まり実音が大きくなる傾向にあります。
ですので、少しの力でも安定して粒立ちの良い音が鳴ります。
だから単音弾きに向いているとされるんですね!!
その反面、ピッキングのニュアンスは出づらくなってしまいますのでコードストロークに表情をつけにくいです。
速いフレーズやアタックを強く出したい方、エッジの効いたカッティングを好む方におすすめです。

薄いピック

画像
安定性の厚いピックに対して、薄いピックの真骨頂はその表現力の幅です。
アタック感は弱まるのでエッジの効いた感じは失われがちですが
その表現力を活かしたストロークは得意分野です。
また、弦へのひっかかりも弱くなるので始めたばかりの方にもおすすめ。
カッティングも得意としているのでシングルコイルのギターに合わせるとグッドです!!

まとめると…
画像

③材質

一番マニアックなこのポイント。
ここまでこだわればあなたも立派なピック好きです!!
こちらも本当に数多くの材質であふれており
一概に「これがベスト!!」とオススメしにくいのが現実です…。
では、簡単に一部ではありますが代表的なものをご紹介!!

セルロイド

画像
最もポピュラーで数の多い、セルロイド(セルロース)。
これを今回基準にしたいと思っているので、目立った特徴はありませんが
多くのギタリストに愛され続けた実力は折り紙付きです!!
誰でも扱いやすい全ての基本となる材質です。

ナイロン

画像
良く衣類にも使われる化学繊維です。
そちらの方が皆さんにはなじみがあるかもしれませんね。
硬く、弾性がありますがアタックは少しマイルドです。
吸湿した場合に性質が変わりますので手汗が多い方や激しいステージングには向かない一面も。

ウルテム

画像
今最も人気を集めている材質!!
その理由は人の爪に近い音色、べっこうに近い使用感であることです。
また滑りづらく扱いやすさもかなり高いのでいいことずくし!!
これからの主流になっていくと予想されますね。
ただ一点だけ弱点が…黄色いモデルがほとんどでデザイン性が薄いんですよ…。

アクリル

画像
最近人気のアクリル削り出しハンドメイドピック、見たことありませんか?
比較的高価で厚みもかなり分厚いものが多いので
ちょっと個性が強いですが、その分実力派なサウンド。
アタック感が強く独特の音色ですが、弾いていて気持ちいいですよ!!

べっこう

画像
高級ピックといえばこちらの材質!!
カメさんの甲羅を使った天然の素材です。
近年ではワシントン条約で取引が規制されており
加工が難しいことから高価。
しかし音色や弾き心地は抜群で出来ることならみんなこれを使ってほしい…。
私も愛用しておりますが、失くした時のダメージのデカさからライブではほぼ使わないです。

その他

・INFINIX
最近大人気のピックメーカーMASTER 8 JAPANが主にピックで使っている新素材。
非常にクリアなサウンドが特徴です。

以上!!材質でした!!
こればっかりは数が本当に多くなりますので説明しきれません!!笑
ですので、時々追記していきます!!
メーカーさん固有のものもあったりとバリエーションに富み、こだわると一番面白いのもまた材質。
ご自身の理想のサウンドを追い求めるためにも色々お試しください!!

当店人気ピックトップ5!!

第五位 HP14/HISTORY

画像
各¥150(税抜き)

第四位 346シェイプシリーズ/Fender

画像
各¥100(税抜き)

第三位 TORTEXシリーズ/ジムダンロップ

画像
各¥100(税抜き)

第二位 INFINIXシリーズ/MASTER 8 JAPAN

画像
各¥150(税抜き)

第一位 HP1~3シリーズ/HISTORY

画像
各¥120(税抜き)

ピックに興味を持っていただけましたか?

以上でピックの選び方紹介を終わります!!
一度、踏み込むと面白くて仕方ないピックの世界。
自分に合ったピックが分からない方、新しい自分を開拓したい方
ぜひ島村楽器くずはモール店までお越しください!!全力でご紹介いたします!!
ではまだお会いしましょう!!

まとめ一覧

画像

画像

画像

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。