【管楽器担当者のつぶやき】Vol.7 リーフレックの正しい使い方

こんにちは!
管楽器担当の上野です。

画像

管楽器奏者の間で話題沸騰となっている「リーフレック」
もうお試しいただけましたか??

以前のつぶやきでもご紹介しましたが、本当にスゴイ効果があるんです!

それでもご購入いただいた方から

あんまり効果ないんだけど・・・

という声をちらほら耳にします。

もちろん、効果の感じ方は個人差がありますので何とも言えない部分があるのですが、お話を伺うと共通して

取り付け方が間違っている!

場合があります。

実はリーフレックは正しい取り付けをしないと効果がありません!!

リーフレックの正しい取り付け方とは

ポイント その1
突起がある方を上にして取り付ける

リーフレックは2枚同じプレートを重ねているわけではありません。
片方には突起がついております。
表側
画像

裏側
画像

2枚のうち、右側のプレートには突起があるのがわかりますでしょうか。
この突起がある方を上にして取り付けるのが正解です。

突起がある方を上にすることで、取り付ける際に使用するゴムバンドが響きを吸収してしまうのを防ぎ、しっかりと効果を発揮してくれるようになります。
逆に取り付けるとただの重りになってしまいます・・・。

ポイント その2
溶接面の反対側に取り付ける

フルート
画像

クラリネット
画像

サックス
画像

トランペット
画像

木管楽器は、キーが付いている側と、キーが付いていない側があります。 また金管楽器は、支柱等が一方向に溶接されている事が多いです。 それらの場所は必ず溶接で取り付けられておりますので、その反対側にlefreQueを取り付けるのが理想とされています。
演奏環境によって若干アレンジをされている方もいらっしゃいますが、効果が感じにくい方は取り付ける角度を調節してみてください。

まずは体感してみよう!

くずはモール店ではリーフレック体験会を定期開催しております。
まだ試したことない方、持ってるけどちゃんと使えているか不安な方、違う素材も試してみたい方などリーフレックに興味のある方はぜひご参加ください!

お問い合わせ

店舗 島村楽器 くずはモール店
担当 上野(うえの)
電話番号 072-864-0240

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。