【管楽器担当者のつぶやき】Vol.6 スライドグリスはこまめに塗りましょう。

こんにちは!
管楽器担当の上野です。

画像

金管楽器奏者のみなさん、スライドグリスってちゃんと塗ってますか?
頻度としては週に1度薄く塗るのがオススメなのですが、定期的に塗ってる人って意外と少ないのではないでしょうか。

塗らないとどうなるのかというと

スライドがスムーズに動かなくなる!
これは何となく予想できますね。しかし高級な楽器であれば意外と塗らなくてもスムーズに動く場合もあるので、おろそかになりがちです。

問題なのは
スライドの消耗が早くなる!

ということ。
金属同士が直接擦れてしまうので、どんどん摩耗してしまい楽器の寿命を縮めてしまうことにつながります。

さらに
楽器が響かなくなる!

これは大問題です!
せっかく良い楽器を使っていても、良い音で楽器が響かなければ意味がありません。

私も「なんか音の調子が良くないな・・・」と思った時にスライドグリスを塗ったら戻ったということが何度もあります。
音程改善、響き向上、音のツボが明確になるなど、ちょっとしたことで大きな影響を及ぼします。

面倒くさがらずに、ちゃんとメンテナンスしましょうね~~。

トランペットにオススメのスライドグリス

画像
BACH チューニングスライドグリス 2942B

通称「イチゴジャム」
液状のグリスで、チューニングスライドや木管楽器のコルク、打楽器のテンションボルトなど各種ジョイント部分に幅広く使用できます。
かなりトロッとしているので、スライドにしっかり密着し音響効率がアップし、スムーズな動きも両立します。
主に主管と2番管に使用します。

1番管と3番管にはコレ!

画像
ヤマハ チューニングスライドオイル

演奏中に動かすことがある1番管と3番管には比較的サラッとしたオイル系がオススメです。
こちらはピストンオイルでも代用できるのですが、流れやすいのと密着度の観点から個人的にはあまりオススメしません。

楽器の状態が気になる方はぜひご来店下さい!

自分の楽器の状態はどうなんだろう?と思った方はご来店いただければチェックさせていただきますので、お気軽にお尋ねください!

お問い合わせ

店舗 島村楽器 くずはモール店
担当 上野(うえの)
電話番号 072-864-0240

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。