【管楽器担当者のつぶやき】Vol.3 リーフレックのここがスゴイ!!

こんにちは!
管楽器担当の上野です。

管楽器奏者の間で話題沸騰となっている「リーフレック」
もうお試しいただけましたか??

もちろん私も愛用しております。
プロプレイヤーの愛用者も増えているこのアイテムは一体何がスゴイの??という疑問にお答えします!!

リーフレックのここがスゴイ!その1
楽器の反応が良くなる!
リーフレックを装着することにより、楽器の反応性が向上し、発音やレガートの繋がりが良くなります。
早い連符を演奏する時も音の粒がしっかりと出るようになります!
木管楽器奏者には嬉しいメリットですね!

リーフレックのここがスゴイ!その2
ダイナミックスレンジが広くなる!
楽器の響きが強化されるため、より大きい音で演奏することが可能になります。
また反応性が向上しているので、小さい音でもしっかりと発音することができるようになります。
ダイナミックスレンジが広がることで、より豊かな音楽表現ができるようになります!

リーフレックのここがスゴイ!その3
ハイトーンが安定する!
どの楽器でも高い音というのは安定して演奏するのが難しいですよね・・・。音程が合わなかったり、音が細くなったり・・・。
しかし!リーフレックを使えば、全ての音域が安定して鳴らせるようになるのでハイトーンでも音が細くなることがありません!
リーフレックを使えば出せなかったハイトーンが吹けるようになる!というものではないですが、少し手助けはしてもらえるかもしれません。

リーフレックのここがスゴイ!その4
素材によって音色や吹き心地を変えられる!
リーフレックは様々な素材があるので、自分好みの音色や吹き心地にすることができます。
曲や状況に合わせて付け替えるのもアリですね!

なんかメリットばっかりで怪しい!という方のために、よくある疑問・質問にもお答えします!

疑問その1
楽器にキズが付きそう・・・
金属のプレートを装着するので、装着したまま動かすとキズになる可能性があります。
なので金属同士がこすれないように注意すれば大丈夫です!

疑問その2
取り付けが難しそう・・・
リーフレックは専用のゴムバンドを使って取り付けます。
慣れてしまえば簡単に取り付けができます!

疑問その3
付けてるのが目立つのでは・・・?
楽器に取り付けるアイテムなので、若干見た目が変わってしまうのは致し方ありません・・・。
しかし遠目だと付けてることがあまり目立ちませんし、ゴムバンドの色を合わせれば楽器と一体化したように見えるのでさらに目立たなくなります。
でも見た目が気になるのも最初だけで、だんだん気にならなくなりますよ。(たぶん個人差あり・・・)

このようにたくさんの恩恵があるリーフレック。
試奏ができますので、その効果を実感していただいてもっと演奏を楽しみましょう!!
ご来店お待ちしております!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。