【伊藤のちょい読みVol.30】kemperでミニアンプをプロファイリングしてみました。(動画あり)

kemperのちからって すげー!

皆様こんにちは。折り畳み自転車がほしいです。イトウです。
もう折り畳み自転車のことで頭がいっぱいです。ほしいよ~ほしいよ~
↑この1文は1か月ほど前に下書きしていたんですが、走る方が楽しいことに気づいたので買うのやめました。

本日のお題はみんな大好きkemperに関する検証です。

kemperとは

まずは以前当店スタジオ備品のベースアンプをプロファイリングした際の記事を是非ご覧ください。

他にも世界のkemperユーザーがプロファイリングしたRIG(プリセットみたいなものです)が無料共有できてしまうので、「周りに良いアンプがないよ~」という方でも無問題なのです。
まぁ、このようにKemperでのプロファイリングの対象というのは総じて音が良いアンプな訳です。良いアンプの音を気軽にたっくさん持ち運べるのがkemperのとても大きな魅力なのです。

・・・

ちっさ~いアンプもプロファイリングしてみたくない?

・・・

意味はないのです。私のふとした思いつきなのですが、この検証はKemperのプロファイリング能力をより体感できるものになるかもしれない!という思い立ちで検証開始します。

ということで、今回の検証にあたり白羽の矢が立ったのはこちらのミニアンプ。

Louis LGA-Mini/キヌゴシ ¥4,212(税込)

画像
当社オリジナルブランドLouisから、自宅練習から持ち運びまでこなすかわいみMAXなミニアンプで検証に挑みます。
ちなみに、なぜかカラーバリエーションが9種類もあります。すごい。
LGA-Mini Louis (ルイス) オリジナルブランド - 島村楽器
ご興味ある方は是非上記ページをご覧ください。

レッツプロファイリング・・・の前に

「こんなことやって意味あるのかな」という思いを胸に潜ませながらせこせことセッティング、、
画像画像
画像
画像
なんですかこれは
Kemperユーザーが見たらかなりwhyなセッティングです。

なんだかんだセッティングも完了したところで、今度こそレッツプロファイリングといきましょう。
画像

セッティングはこんな感じで、キヌゴシをプロファイルにしてやります。

GO!!

プロファイリングの様子です


ミニアンプから発せられているとは思えない轟音に包まれながらプロファイリングが完了しました。
スピーカーは無事でした。最近の機材は頑丈です。

RIGと実機をヘッドホンで比較してみましたが、ミニアンプのヘッドホンアンプ部がチープすぎるからか少し異なるサウンドになりました。。
是非皆様も店頭にて比較していただければと思います。

うーん。。。大きいアンプならこうはならないのに。。。

・・・

画像

結論:ミニアンプはプロファイリングしないほうがいい

画像
今なら展示中のKemperにLGA-Mini/キヌゴシのRIG「KINUGOSHIK」を入れたままでも販売可能です!!是非ご検討下さい!!

イトウ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。