【伊藤のちょい読みvol.5】電子ドラム組み立ててみた(YAMAHA DTX480KSC)

お座敷ドラマーの仲間入り

画像
皆様こんにちは。イトウです。
最近石油ストーブの上でお湯沸かしてコーヒー飲むのが幸せです。

今回は電子ドラムの組み立てを一通りご紹介しようと思います。
「欲しいけどなんか色々めんどくさそう、、」と悩まれている方の参考になれば幸いです!

YAMAHA DTX480KSC

画像
今回ご紹介するのはコチラDTX480KSC
ヤマハ×島村楽器コラボレーションモデルでございます。

画像
サイズはこんな感じです。電子ドラムのパッケージにしてはかなりコンパクトになっております。
画像
カホン2個分(縦)くらいです。

画像
まずはマットを掃除機でもかけてキレイにしておきましょう。

画像
入刀。(カッターは浅く入れましょう!本体が傷つく原因となります)

画像
こんな感じで入っているんだよ~というヤマハさんのお気遣い。

同梱品確認

まずは全てのpartsが同梱されているか確認!
これは必ずやりましょう。ひとしきり組み立ててから「アレ入ってないやん!」となるとテンション下がります。。。
画像
パッド類
画像
ラック類

オールグリーンでございます。

いよいよ組み立て

画像
組んでいく!
画像
組んでいく!

画像
配線していく!!

画像

そして...

画像
完成!!

1時間あれば組めると思います。パーツは多いですが説明書通りやれば簡単です!
これであなたもお座敷ドラマー!
※自宅練習をメインとするドラマー

伊藤

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。