【伊藤のちょい読みvol.3】ギタレレの魅力を追求(後編)

画像
☝そろそろこの写真を見飽きましたかね。。

皆様こんにちは。イトウです。
先週に引き続きギタレレでございます。

レギュラーチューニングにしたい

はいこちら。ネット上でもギタレレオーナー様が試行錯誤している議題です。
ギタレレは通常のギターを5capo状態にしたチューニング(A-D-G-C-E-A)というのは前回もご紹介しましたが
コード譜を見てさぁ弾くぞ!となったときに移調が必要になるわけです。
(GのフォームでCの音、DのフォームでGの音など)
原曲キーで弾きたい!となった時にはちょっとだけ難儀な問題です。
画像
こちらはD'Addario EJ44自宅で弦交換しました
Extra Hard Tension(めっちゃテンションきつい弦)です。
チューニングを下げながら弦のテンションを保つには弦の張力を上げる必要があります(極端なドロップチューニングとかも同様ですね)
ので、ダダリオのナイロン弦の中でも一番テンションの高い弦をチョイスしてみました。
画像
・・・張り替え完了!!

レギュラーチューニングにセット!!!GO!!発進!!

・・・お?

微妙

かなりゆる~いテンションになってしまいました。。
そしてチューニングが安定しないのなんの。。

今後追求を重ねていきます!

オススメケース

KC KO-Cがオススメです!
画像
サイズピッタリの
画像
背負うこともできーの
画像
持ち手もしっかりしーので

すごくいいです!
店頭にございますので是非手に取ってご覧ください!

お問合せ 0154-55-7228 担当:イトウ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。