【スタッフ髙田’sブログNo.7】エフェクターボード作成依頼をお受けしました!その③

皆さんこんにちは!

島村楽器 草津店 髙田です!

今回はまたまたまたお客様からエフェクターボード作成の依頼をお受けしたのでそれについて書いていこうと思います。

信号の流れとしては

チューナー→オーバードライブ→ディストーション→ファズ→コーラス→ディレイ→リバーブの全て直列接続でシンプルかつ使いやすいボードとなっております。

今回はボードの部分にpedaltrainを使用したので、電源ケーブルなどをボードの裏に配線しております。

パッチケーブルと違う位置でDCケーブルを通しているので、グラウンドループ等の電源が原因のノイズ達を減らせるメリットがあります。

普段とは違う、所謂すのこタイプのエフェクターボードを使用することにより様々なメリットがあります!

・ボード自体が斜めになっているのでエフェクターを踏みやすい

・電源ケーブルやジャンクションボックスをボードの裏に配置できるので、配線が綺麗になる。

などなど!本当にいい事尽くしです!

今回のようなシンプルなエフェクターボードから、スイッチャーやMIDIを組み込んだボード作成やエフェクターボードやエフェクターに関してのご相談も承っております!

詳しくは草津店 エフェクター担当の髙田までどうぞ!

といったわけで今回もつらつらと書かせて頂きました!

これからも不定期にアップしていきますので何か書いてほしい話題などあればどしどしコメント下さい!

それでは今回はこの辺りで失礼します!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。